• SAC Bros. Company

加茂川緑


痛みが無いのですっかり忘れていましたが それは刻々と進行していたようで。

ものもらいがでっかくなってます。

どうもこんばんは。motomanです。

一応…前回の続きという事で 全く違ったテイストのものを貼ってみようと思います。

1つ は伊賀で掘らせて頂いた赤土と、市販の白土を混ぜたもの 1つ は泉州の土です。

ろくろの挽き方は、私の中で言うところの…土もの仕様で 指に込めるカ加減で土を愛でたと言いますか 愛撫したと言いますか まァそれは良いです。

陶芸というものは多くの工程があり、そのどれもが興味深いもので…質が悪いです。

土の精製 成形 ・ 乾燥 素焼き焼成 釉掛け 本焼き焼成 仕上げ と、大雑把にこれくらいあるわけですが 私がこれから特にカを入れていきたいと思っているのが 土の精製と成形、本焼き焼成で まァそれも良いです。

こういったぐい呑みを作りました。という話です。

これは楽焼用、つまりは低温で溶ける釉を調合したものを掛けたアレで 初めて加茂川石粉を使いました。 いわゆる黒楽用の釉です。

前回 使った際にはブクがブクブクで なかなか辛いものがありましたが、その表情や色味がとても興味深く 品を眺めてみた結果 溶けた釉の上からさらに灰がかかり、それがカセた表情を生んだようでした。 おそらく。ですけれど。

高台を見てみると、正面の半分はキレイに溶け 後ろ半分は上から乗った灰でコーティングされ このような…マット ( 過ぎる ? ) 質感になっています。

元来 私の好みはどうやら テカテカと光っているきらびやかなものよりも、マットなものの方がパシッと来るようで 何も…テカっているから駄目だ。というわけでもないのですけれど いかんせん 作っているのが私なわけですから、欲しいものは追わなければなりません。

こっちのぐい呑みは前述した…ブクがブクブク出たもので ちまちまとそれらを処理したものです。

手間は非常に掛かりますが…その表情がまた好みで困っちゃうわけです。 カセた箇所なんかは、水中に長く潜っていた石を彷彿とさせ また、水を吸う事で色の濃さが増しまくりで 酒器に最適だと思っているわけです。

釉の緑味を際立たせる為、土はもうちょっと鉄分を増やしても良いかもしれません。 あるいは 加茂川石粉の分量を増やすのも良さそうです。 テカるのは部分的に出るならば問題無いと思っていて 薪窯焼成の特長である、方向性を示唆する要素としてはプラス方向に働きますから。

そう。 一番の問題は これらは薪焼成したものなので、実験出来る機会が極めて限られているという事で 取り敢えずは… 色味や適正な温度帯を探る為、灯油窯とカンテキ窯を使い 研究を続けていこうと思います。

黒楽をやるつもりで調合した釉だったはずなのですけれど 随分と脱線してきました。 私らしくて良いと思います

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0