• SAC Bros. Company

懐古反芻


湿気がまとわりついて 身動きがとれません。

どうもこんばんは。motomanです。

人はどうやら 未来がよく見えなくなると、過去を振り返る傾向があるようで いや、私だけかもしれないが。 そんなわけで? 最近、本棚で埃をかぶっている本を読み返す事が多くなった。

この2週間でスカイ・クロラシリーズを読み返し 今週はサリンジャーのナイン・ストーリーズを読み返しているところである。

しかしサリンジャーは 何度読み返してみても… 理解し難い。 理解できないのではないのだが うん。 一言で言うならば…評価し難いと言う方が正しいかもしれない。

これが彼の魅力なんだろうか。と言えそうではあるのだが 言葉にするのが非常に難しいように思える。 日常を切り取ったひと場面の話が淡々と綴られ 結果、ドラマティックな出来事が起こるわけでもなく 表現が特化しているわけでもなく。

読み終えた後、心のどこかにしこりの残るような感覚。 おそらくは 適切に形容できる言葉がないだけの事かもしれないが、 そういった想いを感じさせる事自体に 価値があると思う。 他の言葉で代用できない物語であるから。

同じように 今の私の中は 形容し難い状態であり なんとも形容し難い。

ひとつ願いが叶うならば エラをつけて 身体も考えも手放して 波にゆらめき できる限り深い海底へと沈み行きながら 昏々と眠りたい。

何にせよ 私の人生に於いて 最大の敵とは 睡魔である。

っていう

3回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0