• SAC Bros. Company

棚板焼成


やらかしてしまいました。

どうもこんばんは。motomanです。

今日の行動予定をシミュレーションし、 時間を読み! 久々にゆっくりできるぞ。と 昼まで、口をあんぐりと開けて快眠していました。

そろそろ行くか。と、 脱力感満開の重い身体を揺すりながら準備をし 14時頃作業場へ到着。 窯の温度は150℃ほどで、 少しフタを開け 明日の準備をしながら待ちました。

てんすけさんに連絡し、いざ窯出し。 これはどうだった あれはどうだったと なんだかんだと言いながら窯出し完了。

そして、昨日釉薬を掛けておいた物を鼻歌まじりに窯詰めしてみると…

足りねえ。

全て詰め終えてみるも 窯の2/3が埋まった程度でした。 こいつぁ…まずい。と 次の窯で焼こうとしていた比較的大きな物を 急遽釉掛けする事に…

📷結果は…まあ 一応奇麗に収まり、スイッチ・オン。 作業場で準備せねばならぬ事、 本焼きの窯詰めは無事に終わったものの 帰りに100均でなんだかんだと購入するつもりが 20時を過ぎてしまい… 明日へ持ち越しになってしまいました。

全く残念な人間です。

しかしまあ。 陶芸をしている人は、1度は口にする台詞があります。 皿など、背の低い物をたくさん窯詰めすると…

作品よりも棚板を焼いているみたいです。

これでは 禿げてきたからと育毛剤を使い続けたが効果が無く むしろ、手首から先が毛むくじゃらになってしまった人みたいですね。 …わかります?

っていう

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0