• SAC Bros. Company

窯出し2


いやあ。 今日はあたたたたったかかったですね。 危うく昼寝してしまうところでした。

どうもこんばんは。motomanです。

📷さて…では昨日に引き続き、窯出しの様子の続きをば。 今日は湯呑みとタンブラーです。

私には珍しく。と言いますか、初なんですが。 普段はろくろにのせてカンナで彫りを入れるのですが、 ちょっと心境の変化と言いますか… あんな事やこんな事がありまして。 手彫りに走ってみました。

ざっくりいってみました。ざっくり。

📷コレは以前 成形段階で紹介した、 "したたり"です。 まだまだ煮え切らないところがありますが、とりあえずはこんなかたちで。

ぺろーんとしたたっている様がエロスですね。 そうでもないですか。

明日ちょっと作業工程にひと手間加え、新たに試作を重ねるつもりです。

📷コレは何でしょうね… 使い込まれた毛布みたいになってしまっています。 毛玉ですね。毛玉。

だんだん度が過ぎてきましたよ。

📷さあ。 ペロってます。 窯出しした時に一斉に言われました。 「いや、コレあかんやろ」と。 まあ今回つくったこの手のもの、ほとんどが 「あかんやろ」の一言で片付けられてしまいました^^;

ちょっとはっちゃけ過ぎてしまったようです。 こういったものでも個数をこなせば見えてくるものがあり、 今乾燥し終えたものはなかなかだと思います。 焼きあがったらまた紹介します。

「こりゃあきまへんで」と、おおいに笑ってやってください^^

📷高台です。 今回は高台も手彫りでいきました。 かたちそのものの事もありますが、 「いや、机が傷つくからあかんやろ」だとか 「いや、真っ直ぐ立てへんやろ」だとか 散々 罵声を浴びました。 パンツまでぐっしょりです。

私はこういう方が好みなんですがねえ。 本人がつくっているから当然ですが…

📷随分はっちゃけてしまいました。 ざっくりいき過ぎましたか。

皆さん手に取っては、机に傷がつきそうだからあきまへん。と漏らしますが 実際使ってみればそうでもないです。 確かに私の机なんて傷ついても困りませんが。

便利なものが好まれる世の中じゃないですか。 向き合う事、考える事の必要性がおざなりになってきた世の中じゃないですか。 使い捨ての世の中じゃないですか。

だからこそ、不完全なものに面白味を感じたり 不均衡なものに向き合ってみたり 傷つかぬよう、扱い方を考えてみたり。

楽しみ方は在ると思うんです。

こういった事を、つくったもので語れず…ここに書いている時点で負けなわけですが^^; ついでに加えて言うならば! そうそう机に傷なんてつきません。たぶん。

と…はっちゃけ過ぎてしまったので、 最近は専ら例のフタものをシコシコつくっています。 そして在庫を抱える羽目になるのです。

年末ジャンボを買おうと思います

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0