• SAC Bros. Company

耐火粘土


今日も喜楽歩でアルバイトの日でした。

暮れに陶芸体験をされた方が、今日またいらっしゃり…会員になられました。 定年になり、何か趣味を…と、陶芸を選んだそうで 陶芸未経験者の方に用意してある、カリキュラムの一発目として 今日は手びねりで湯呑みを作りました。

ちょうど手が空いていた事もあり、私が指導に当たったのですが… 学生時代もろくろばかりで、課題の時ぐらいにしか手びねってなかったので 俺大丈夫ですか。と自問しながら手びねってみましたが なかなかどうして… お上手でした^^

初めての手びねりとなったGさんですが 初めてとは思えないほどお上手で。 事細かに質問してくる姿勢が ああ。今まで真面目に働いてこられたんだろうなァ。と想像させ どちらかと言えば…理屈を知って理解するタイプだと感じたので こうすると粘土がどう動くから、こうなります。 こうなったのはこの動作が甘かったからです。と 口うるさく指導しました。

これからの成長っぷりが大変楽しみです。

なんだかんだと…陶芸は ( 色々な意味で ) 考える事が一番大事ですから。

どうもこんばんは。motomanです。

今日した事はと言えば。 📷とりあえず…これらが成果です。 マルニの土鍋用粘土 A-25 を水挽きしました。 15kg 分くらい使いました。 のんびりしながら挽いていたら…6時間も経っていました。

大阪の、いわゆる”おかん”は 「あんたちゃっちゃとやりや」と言いますが ほんとその通りですねえ。 時間はいくらあっても足りません。 📷今年 初水挽きな上に 人生初の土鍋成形という…

講師のN澤さんにコツを聞き 教室に置いてある陶芸雑誌を読み漁り… いざ…

シチュー鍋が出来ました^^ いや、陶芸雑誌を読んでみると色々と書いてありまして。 耐火粘土を扱った事が無かったので、今まで作ろうとすら思いませんでしたが 結構おもしろそうだなァ。なんて思ったわけです。

少し口縁の形を変え、2セット成形しました。 📷本番です。

土鍋の躯体です。 浅めに、径を大きくとった形にしようと思った結果がコレです。 直径…どれくらいだか忘れましたが… 35cm くらい?だった気がします。 40cm は無かったと思います。 そんな感じです。 📷土鍋の蓋です。

ちょっと…やりすぎました。 タジン鍋風なので、ここでこそ例のアノ…長い首の使いどころだ。と言わんばかりに 首のために随分遊びを作り過ぎました。

さすがに径が大きいし、重みでヘタって蓋が合わなくなってしまったら… 目も当てられないので…少し切ってしまおうと思いマス。 📷この下手糞な…皿のような物は…部品のひとつです。

躯体があって蓋があるとなると…そう。アレですね。 上手くいくかどうかはわかりませんが、ちょっと思いついた形があったので 試しにやってみようと思います。 📷昨日削った物達も、今日1日で随分乾きました。 天見では考えられません… まともな暖房パワーってすごいですね。 📷先日焼きあがった物に止水剤を塗り、水漏れチェック中です。

南天でも挿せば、赤が際立って良さそうでしたが 敷地内をウロウロしても…見つかったのがこの花だけで。 とりあえず挿してみました。

いかがでしょう。

さあ…明日はクソ寒いであろう天見の作業場で ヒィヒィ言いながら、なんぞやろうと思います。

灯油まだあっただろうか。

っていう

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0