• SAC Bros. Company

落穂拾い


本日モ晴天ナリ。

どうもこんばんは。motomanです。

来週から寒波が来るようですが、最近は大変良いお天気ですね。 早朝から伊賀へと車を走らせました。

所用で 良質な土が採れる。と言われている島ヶ原へ行って来ました。

ポカポカ陽気で空気もとても澄んでいて 紅葉が綺麗に見渡せました。

その後 鈴鹿あたりまで車を走らせました。 山から海へ。

今日、伊賀へ来た理由のもうひとつがコレです。 窯詰めの時に使う赤貝をしこたま拾おうぜツアーです。 11月 の窯焚きも無事に終えたし ちょっと息抜きがてら、手持ちの少なくなった貝を補充しよう。と そういう話になったわけです。

小山さんから めっちゃ落ちとるぞ。と聞いてはいましたが… まさかここまでとは思いませんでした。

拾って下さいと言わんばかりです。

このように落ちている貝を…

こうして…

こう。

こうして…

こう。

大事な事なので 2度 言いました。

どう見ても怪しい大の大人が 2人 。 あまりに沢山落ちている赤貝の死骸に萌え 3時間 近く。 腰が痛い痛いと言いながら拾いまくった結果が…

こう。

たぶん拾い過ぎです。 乱獲と表現して良いレベルだと確信しています。

体感 総重量 70kg 近くありました。

ウワサによると とある陶芸材料店で、 25個 入りが 500円 で売られているそうな。

3時間 で 15万円分 くらいの稼ぎがありました。 ありがとうございます。

浜辺に着いた時はテンションが上がってしまいましたが それが持続したのはほんの 20分 ほどで 後は黙々と拾い続けるだけのルーチンワークです。

ただ無心に拾っていると カレーを笑顔でパクつくイチローと ナイスヒットを放つイチローの真剣な横顔がごっちゃになり 果てには ルーチンワークの真髄と言いますか 宇宙の真理の断片を見た気がしました。

猫の手も借りたいな。と冗談を言っていると 何処からともなくマジに猫が来て マジに地面をカリカリし始めたので お。 手伝ってくれるんか。 と声を掛けると ただ 足をピクつかせてうんこしてました。

帰りに再び伊賀は三軒窯へ寄ったところ ちょうど歓嗣さんが窯焚きをされてました。

大量の貝を差し入れし、しばらく窯焚きを見学させて頂きました。 前に塩を投入して焼成したものがあるから。と 個展用の品も見せて頂きました。

三軒窯へ行く度に色々な刺激と発見と 新たに生まれる課題や疑問があり 興味が尽きる事はなさそうです。

兎角 これだけの量を拾ったので 向こう 2 ~ 3年 は使えそうです

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

2019

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0