陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

表札 2


エアコンのコンは、コンディショナーのコンですよ。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は、前につくった表札の素焼きが終わりましたので。 釉掛けと加飾をやってきました。

Kさんのリクエストにお応えしまして… ガラスで色づけしてみたいという事で。 持参いただいたガラスを細かく砕き、 彫り込んだ部分にひとつずつ入れていきました。

透明釉をかけ、一度本焼きしたものに ビー玉を置いて焼いた事はありますが、ほんの遊び心でやっただけだったので。 慣れた仕事でもなく、まあ… 実験を兼ねたものになりました。

今回は一度の本焼きでガラスを溶かしてみよう。という事にしたので、 透明釉をかけた上にガラス片を置いていきました。

Kさんの表札です。 細かいガラス片を丁寧に置き進めていました。
虹いろ屋さんの表札です。 名前を彫った部分にキレイにガラス片が並べられました。
こちらはてんすけさんの表札です。 名前の彫りが深かったので、大きめのガラス片でもガシガシと詰められました。

どの表札にも言えますが、彫った部分からガラスが溢れないかどうかがアレです。 彫りの深いてんすけさんのものがキレイに収まりそうではありますね。

これは私のアレです。 細かい作業がアレだったので、それなりの大きさのものを 適当…否!アトランダムに並べてみました。

大きな欠片を置いた部分なんて、穴すらありません。 流れるままに流れる事でしょう…

さてさてどうなる事やら。 彫った溝からガラスが溢れ、意味プーなものにならないか。 ガラスの色が飛ばないか。 など、色々と心配な事はありますが。

実験を兼ねているという事で、どうなるかは… どうにかなるんでしょう。

まあ焼き上がりが楽しみです

1回の閲覧
0カート