• SAC Bros. Company

謹賀新年


明けました。 肉をしゃぶしゃぶしました。 2枚食べたら… その脂で胸が焼けました。 高齢者に脂は…もうダメです。

どうもおめでとござます。motomanです。

元旦早々…窯出ししてきました。

去年の焼き残しが無いように…と、焚く事にしたので ちょっと隙間が多く。 贅沢な窯になりました。
何種類かの試作を入れたのですが、今日のところは1つだけ紹介します。

ラスター系の釉を使った、大振りのぐい呑み。 1秒ほどズブ掛けしたところ…どうも厚かったようで? んー 濃かったのかもしれませんが、思いっきりタレました。 昨年の赤飴釉に引き続き…タレまくりの年末年始です。

梅華皮 ( かいらぎ : 釉薬が溶けきらず、鮫肌状になったもの ) ならぬ…柚子肌とも言えない… ごっつゴツゴツ肌になりました。

リューターでバリなどを丸く削ってみました。 したいように成らなかったので、失敗は失敗ですが なかなか悪くないです。

見込み部。 薄いところは淡い茶色で 濃くなるにつれて緑味を増し 天目のような雰囲気が出ました。 最も厚い部分は縮れています。

日本酒がとても良く合いました。 透明な液体を通して見ると、また違った景色となり… 金属質の釉調が映えました。

形も大きさも良い感じに手に収まったので 毎日使おうと思います。

天見は雪に覆われました。 SAV は山間にあるので…一度積もるとなかなか溶けません。

…全く 冬の作業は辛いですねえ。

っていう。

また今年も なんだかんだとやっていきますので 何かとよろしくお願いしまーす

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0