• SAC Bros. Company

シコウ


ん。 少し大きめの虫が居るなあ。と、しげしげと見てみると ゲンジボタルでした。

せめて…昼間じゃあなくて夜に来て下さいよ。と、思うと同時に よく見たら…ゴキブリと、そう たいして変わらんな。と…思いました。

ホタルは夜に見ましょう。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は釉薬を掛け、本焼き窯詰めでした。 なしてこんなに疲れるんでしょうねえ。

やはり、釉薬を掛ける時の仕上げ具合が そのまま如実に…物に出てしまうからなんでしょう。 おそらく、全ての工程の中で…最も気を遣う作業です。 一番 苦手なところでアリマス。

私の場合、ズブッと漬けてしまう部分と 筆で塗布する部分、エア ・ ガンで吹き付ける部分。と 1つ の飯碗でも、そんな風に掛け分ける事の方が多いので おそらく…他の作家さんからバカにされるんじゃあないか。と、思えるくらい 時間が掛かります。

もう歳なので、集中力が持ちません。 内側、はい掛けた。 外側、はい漬けた。 次いってみよう。 と、テンポの良い掛け方に憧れます。

で、まあ 一応 無事に窯詰めが終わり、スイッチ ・ オン。 あとはもうシリマセン。 なるようになるでしょう。 なるようにしかならないでしょう。ですかね。 📷さて 先日焼きあがった物で、気になった物がいくつか獲れたので。

何色なのか…形容し難い色味になりました。 もうちょっと赤味が強く出る。と思っていたんですが、そうでもなかったです。 私の予想はその程度です ^^

以前、アースカラーの輪が出た花器を紹介しましたが コレもなかなか悪くありません。 が 保留。ってところでしょうか。

どこか薄っぺらいですよねえ ? 形と色が合ってないんでしょうか。 📷コレも ↑ と似たようなモンですが、少し違います。

こちらの方が赤味は強かったのですが…仕事が甘かった ! やらかしました。 📷やはり 好みで言うと…ここへ戻ってくるなあ。と思います。 今日の窯でひと段落ついたので、コレに青味を足せないモンか。と 色々と試してみようと思っています。

先日 仕入れた材料に 65% のマンガンと 85% のマンガンがあったのですが どれくらい違いが出るモンなんだろうか… そこから始めなくてはなりません。

あとは金属系を… この 1ヶ月 は、釉薬を試すだけで忙しくなりそうです

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0