• SAC Bros. Company

大くべ


ウワサのアレを体験しました。 ありがとうございます。

どうもおはようございます。motomanです。

例のごとく。 もうすでに曜日感覚が無くなりましたが、なんだかんだと 今晩でハーベストの丘の私の窯番は終了となります。

長かったような短かったような…寂しいモンです。

観覧車に黒煙がッ

と、コレがウワサのアレで 大くべですね。

一の間を焚き上げる際、部屋いっぱいに薪を大くべしました。 信楽サイズで束換算すると…どれくらいでしょう。 10束 ( くらいかな ?? ) 近い薪を 3人 で交代しながら投げ込み続け、一の間はパンパン状態です。

超還元で温度は一気に 200℃ 近く落ち、窯鳴りと煙突からの止まらない黒煙が 初体験で楽しかったです。 豪快ですね。

徐々に温度が上がり、落ち着いたところで一の間焼成は終了。 二の間に上がりました。

まだ燠の無い、まっさらな状態の二の間内は紅く染まり それはそれは美しい事限りなし。でした。

これから燠を溜め、昇温させていきます。

ハーベストのフタは取り外ししながらのタイプのもので 耐熱材が格好良かったので一枚。

その後も延々と投げ込み続け、一の間を焚いた時と同じペースで焚き続けます。 じっくりまったり。

一の間同様 24時間 経過時点で色見を引き出し、品の状態を確認します。

ハーベスト名物 ( ?? ) 四六時中 食べ物を虎視眈々と狙うネコに気を付けながら ただただ焚き続けます。

朝日にやられそうになりながら、ただただ焚き続けます。

冒頭で書いたよう、今晩の番で私の任務は終了。 予定では その後 12時間 以内には窯焚き終了となります。

もう胴木間は開けてしまって良いんじゃあないですか。なんて言いながら 今晩ラスト。 しっかりと焚き切ろうと思います

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示