• SAC Bros. Company

展示台


最悪です。 最もワルな事ですよ。 数年前にフンパツして買った、黒毛のふかふかムートン絨毯を部屋に敷いているのですが。 昨晩カレーをこぼしてしまいました。 いえ。 こぼしたというレベルじゃあありませんでした。 皿ごと真っ逆さまです。 地獄の断頭台です。 ほんま地獄やで!と思いながらそのまま食しました。 部屋のにおいがほのかなターメリックです。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は母校である大阪芸術大学に、 展示台の色塗りをしに行きました。

色味はかなり悩んだんですが… 結局。 これから本格的に商品作りを始めるわけですが、 3つほど基調とする色を決めまして。 そのうちの1つが白なのです。

それに加え、 今回の京都の展示品も、それと同じ白なので… 展示台は控え目な白が良いと思いまして。 少し黄身がかったミルキーホワイトにしました。 アイボリーはちょっとキツいかとの判断の結果であります。

なかなか良い感じに仕上がりつつあるので、 これから色んな場面で活用すると思います。

MOCHIBEに引き合わせてもらった、 プロフェッサー・Iのノウハウの結晶です。

作品に魂を込めるのは当然。 と、なると それを支える展示台にも 心を配り、 しっかりとしたものを作るのも必然。

もちろん運搬するものですから、 その際に傷がつきにくいよう、 少しでもコンパクトに車に収められるよう、 ちょっと工夫がなされています。

プロフェッサー・I そして副手のHさんも手伝ってくださり… ひたすら塗り塗りです。

2度塗りするため… また、4面同時には塗れませんので。 乾燥機であたためます。 立てて塗りゃいいじゃねーの? と言いたい気持ちもわかりますが、 ローラーを使っての塗装でしたので… まあ。

今思えば策はありましたけどね^^; 次へ活かしましょう。

塗り完了です。

この開いた部分がちょっとした工夫の肝なのですが。 それはまた後日という事で。

あとは乾燥しきった後、 塗る際についた多少のデコボコを サンダーで削り落とし、 汚れ防止、 運搬時の傷つき防止を兼ねた クリアを吹き付けて完成です。

これは来週やりきるとして。

あとは肝心の展示品の削り・削りです。 ちょっと改めてアレして、 しっかりと削りたおしてやります

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

2019

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0