陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

手入れ


この一週間でどれだけやれるかで 来月半ば頃あたりの結果が大きく変わるというのだから 本当に恐ろしい事です。

本当に。

どうもこんばんは。motomanです。

流れで言えば 普限窯 胴木の窯出しについて書くのが筋ってもんですが 何しろ 時間が無さ過ぎていけないので 落ち着いた時にゆっくりと書いてみようと思います。

そんなわけで 内容の時系列は前後しますが。 今日は、窯出ししたものを手入れしたりしてました。

今回の窯で、特に気に入ったものでも。

両方ともに火床の品です。 燠に長い間ごっそりと埋まっていた花器は 天面がゴツゴツ。 灰になりきらない燠と 融けきらない灰が混じり 長い間、海中に沈めていた何かを引き上げたかのようです。

金ブラシとタワシを使い、ただひたすらに磨き続けました。

豊かな色彩が見られます。 極度の窯変好きにしかわかってもらえない…激マニアックな品です。

小壺です。

胴木の温度が下がり、中を覗いてみた時 最も気になっていたこの品を先ず確認しました。 妖しげに光るこれを見て 何かよくわからんけど面白そうなものが出来たかもしれん。と思いました。

想像を遥かに超えた品になっちゃっていて 真っ白な磁土を焼いただけなのに どういう化学変化でこのような メタリックな色味が出たのか。 さっぱりわかりません。

再現性があるのかどうかすら怪しい 宇宙を凝縮したような品になりました。

ちょうど 学さんの窯焚きが終わってすぐに制作に入り 色々な磁土をどのように焚いたらこうなった。と 普限窯に集うメンバーに説明する為、手入れをする暇なく普限窯に置いていて ぼこ窯に入れてもらったものを金沢メンバーが持って来てくれていたのもあり。 今回の普限窯の品々もあり。で 手入れを待っているものが山積していますが 作らねばならぬものもまた、山積していて… 作る方もやってかねばなりません。

伊賀土を使った新たな花入を作りました。

図太いものもひとつ。

刳り抜きも数をこなし、幾分 慣れてきた気がします。 自分の好みのパターンもわかってきたし どうすれば正面に視線を集め易くなるか。という ちょっとしたコツのようなものも、わかってきた気がします。

ろくろもちょっと触ってます。

近い将来、欲しくなるであろう 自分の為だけの…小振りの壺を挽いてみたり

それなりに大きな鉢を挽いてみたり。

久々に 足下から頭のてっぺんまで、素直に 口縁の土をしっかりと締めながら挽いたものを作りました。

明日も赤土の類を使って色々と成形したり 手入れしたりと 兎角 時間が足りなくて この一週間は毎日。 明日が怖い。と思いながら 何となく生きています

0回の閲覧
0カート