• SAC Bros. Company

普限窯


手がカサカサして痒いですねえ。

どうもこんばんは。motomanです。

先日、岸和田のとある山中にある 小山 普さん主宰の普限窯へお邪魔しました。 📷1月2日 から、 約5日間 焼成に向けて準備を進めています。 焼き上がりが楽しみですねえ。 📷窯詰めの日にお邪魔しました。 いつもは窯焚きのお手伝いをするだけなんですが 窯詰めから見ておいた方が良い。と小山さんが仰られていて うん。そりゃそうだ。というわけで。 📷実はココへ来る時はいつも焼成中で 窯の中は見た事がありませんでした。

薪窯は、窯詰めがとても重要で 置き方によって灰の掛かり具合も変わってくるし、火の通り方も違ってきます。 小山さんが真剣な表情で、熟考しながら窯詰めを進めていました。 📷一の間はこんな感じでした。 私の品はここに入れて頂きました。

黒土を薪窯で焚くのは 2度目 で、前回は喜楽歩の窯に入れました。 1年 ほど前から黒土を使い始めましたが、黒土は垂れ易い。と聞いたのは ほんと最近の事で…実は知りませんでした ^^;

そんな体感もしないんですが 半磁と黒土しか使わない。という 偏り具合がそう思わせるのかもしれません。

5日間 にも及ぶ焼成に…黒土で作った品は耐えられるのでしょうか !? 📷焼き直しも含め、今回の引出しはこれだけあります。 29本 の引出しです。 📷この日はとても天気が良く 窯のすぐそばから神戸がはっきりと見えました。 📷来年の予定がすでに組まれていて次回、 5月 の窯焚きは なんと… 7日半 を予定しています。

1年間 で使う薪を概算し、夜な夜な山に篭っては薪割りをし ものすごい量を用意しています。

小山さんの計算によると 来年使う薪の量は… 2500 近く。 業者から薪を購入すると、 1束 約1000円 ほどです。 …おそろしいですな。

薪代を抑える為、夜な夜な薪をひたすら割ってらっしゃるわけです。 情熱の賜物ですね。 📷薪窯作品に惹かれ、全国の窯場を回り 自分なりの窯を設計するに至り、築窯に 丸1年 。 1年間 の予定を組み、自分のやりたい事に向けて着々と歩を進めてらっしゃいます。

私が向かう先は…何処なのでしょう。 私の情熱とは…どれほどのものなのでしょう。

恒例の写真です。 壁紙にどうぞ ^^ 📷陽がまぶしい日で 視界は良好、何処までも先が見えるような気がしました。 小山さんにお会いすると、心が引き締まります。 向かう先は違いますが、芯にあるのは同じものなのでしょう。

ただ 自分のその " 真ん中 " ってやつが どんな形をしていて それ故に私がどういった形を成していくのかは… 未だよくわからず。

漠然とした形は在るものの 何に照らされてどう人の目に写り どう関わっていくのかは…考えても仕方の無い事のように思えます。

成るように成る。 まァ…きっとそうなんでしょう。

私の次の予定は 今のところ、 3月 まで何も無い。という。 何ともアレな状況ですが、着実に歩が進んでますなあ。と実感できるように これからもまあ…今までと大差無い毎日になるんでしょうけれど 成長しなければなあ。といった事を頭に置きつつ なんだかんだとやっていこうと思います

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0