• SAC Bros. Company

更年期


強い人ほど優しいらしいですよ。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は喜楽歩でアルバイトでした。 生徒さんの、コンプレッサでの釉の掛け方を教えて… 体験教室の釉掛けをして… 粘土を小分けして… 素焼きを窯詰めして…と 何事も無く、すんなりと終わった1日でした。

仕事が終わり、さあ水挽きをしよう。と思うも 頭の中で、 あれ?いやいやちょっと様子がおかしいぞ。と 左手が上手く動かせず。

最近 酷使したからなあ…というような事は全く無かったのですが どうやら後遺症が酷く現れてきたようで… まあ何とかなるでしょう。と菊練りを開始しました。

ろくろに据え、いざ挽かん。とすると 空気が入っているわ入っているわ… 菊練り具合がうんこ過ぎました。

土を挟む度に…プチプチ。プチプチ。と、空気の抜ける音がします。 まともに挽けません。

菊練りし直すも…上手く練れず…だんだんイラついてきてしまって 全く形になりませんでした。

挽いては潰し、挽いては潰し。 菊練りし直しては…飛び出てくる空気にイラつき…

タンブラーを40個ほど挽こうと思っていたのですが、あまりにイラつき過ぎて 結局3個です^^;

5kg 使って…残ったタンブラーがたったの3個って… 飛びたいです。

気分転換に…と いつものフタものを1セットと、新たな形を試みたフタものを1セット挽きました。

細かい空気の入った土を…イラつきながら…なんとか誤魔化し誤魔化しようやく成形できた物で 本当に情けなくなりました。 菊練りが出来ない陶芸家だなんて…笑えません。

ちょうどその時、つけていたラジオで 「2才の子供が、思ったように出来なければ癇癪を起こして困っています」 という母親の相談が寄せられていました。 この…私のこの イラつき具合は…更年期障害か。と思ってましたが どうやら私は2才だったようです。 バブー

いやあ…こないだ土鍋を作った時は 菊練りがバシッと決まったので、ちょっと自信をつけていたところだったというのもあり さすがに今日のこの出来事はショックでした。 泣いて発散できれば御の字なんですが、私の場合 どうやら怒りに転嫁してしまうようで。

イマイチ何にイラついているのかはわかりません。 事故から何年も経つのに、後遺症を克服できない自分に対してか ただ、ろくろが下手な自分に対してか 色々な物を沢山作らなければならない。という焦りからくるものなのか まあ…結局自分にイラついているようなので 怒り過ぎて、ハゲれば良いと思います。

初めて黒土を使って成形した物の素焼きが終わりました。 こんな色になるんですねえ。 さして白土と変わりません。

さあ…明日はちゃんと菊練り出来るでしょうか…

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0