• SAC Bros. Company

満ちる


味のなくならないガムがあれば… 俺は… 2万円出そう。

どうもこんばんは。motomanです。

では先日の続きでも。

段彫りしたところに深めの線彫りを入れました。 エッジを立たせながら、全体の流れが一本のラインで繋がるよう おおまかなフォルムとディティールの彫りのバランスにこだわりました。
某タイヤメーカーの某キャラクタに似てますね。 ひたすら丸みを重視し…削り出しました。
肩の丸みをつるつるに。 他は半月形と線彫りを組み合わせたものと、螺旋彫りを入れました。
所狭しと ひたすらに線彫りと半月形を組み合わせました。 これも螺旋彫りを入れました。
肩を半月形に削り、つるっとした…エッジの効いたラインを入れました。 腰には深い半月彫りを、胴には飛び鉋を。 あとは深めの線彫りを入れました。

何ちゃら彫りだの何ちゃら削りだのと 読んでもよくわからないですね^^

明日は久々にお客さんが来ますし 乾燥の遅さにちょっと焦っているので…水挽きもしなくてはなりません。 何気に忙しくなりそうです

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0