• SAC Bros. Company

熱中症


昨日、SAVの草を刈りたおしました。 1時間少々かかったと思います。 それだけで肩から腕にかけて真っ赤に焼けてしまいました。 12月には真っ黒だと思います。 つなぎを着る仕事で日焼けは…地獄です。致命的です。 でも生きています。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は…とても…暑かった…です…ね… はたから見たら発光してるんじゃあないのか。ってくらい蓄熱していたと思います。 整備の仕事は、なんというか…片膝をつき、真摯に命令を聞いている忍者みたいな体勢で仕事をしている事が多いのですが、立ち上がる時にフラッと。 本日のたちくらみ回数8回です。 そのうちプチッといっちゃうかもしれません。

今日は、カプチーノに乗って検査場へ行ってきました。 スズキの軽で、個性豊かな車です。 私も以前ロードスターに乗っていました、否!駆っていました…またがって…風になっていましたが、ああいう車はよいですね。 俗に言う私の好みにドストライクな系統なので、楽しんで運転しました。

が、もうかれこれ15年ほど前の車です。 エアコン効きません。 普通のエアしか出ません。コンはどこへいってしまったのでしょう。 しかも運転席側の窓が開きません。 顔はもちろん、ひかがみ(気になった人は調べてみてください)を始め…あんなところやこんなところまで汗だくです。 頭がボーッとしましたが、無事…検査を終えて工場へ帰ってきました。

夏季はそういった面で、ちと危険な部分があるので(もっと過酷な状況下で仕事をしている方からすれば屁でしょうが)いつもは15時前後にある昼休憩を、2回とる時があります。 もちろん仕事量にもよるのですが、今日はそこまで忙しくもなかったので…「ちょっと休憩しよか」というボスの言葉を期待していました。カスです。

まあ普通に、「しんどなったら茶飲むなりちょっと涼むなりして休みや」とは言われているのですが、そういうところを何故か意地でも拒みたくなってしまうのです。 そして14時頃にとった休憩が終わり、仕事をする事2時間。16時頃だったでしょうか。 半分溶けていた私に、ボスの嫁さんが 「ちょっと…」 と発したのです。 天使が舞い降りたようです。 私はその先が「休憩しようか」だと確信し、心の中でガッツ石松の勝利ポーズをとりました。 休憩をとってもよいと言われると拒みたくなる天邪鬼な私ですが、本当は繊細で弱い人間なのです。

「ちょっと…こんな飴ちゃん買ってみたから食べてみて」と、飴を手渡されました。 袋には…

「熱中飴」

と、大きく書かれていました。 「熱中症予防の飴らしいで♪」と言われました。 はい。もっと働きます。

私は塩味のその飴を口に運ぶと、元気いっぱいで仕事に戻りましたとさ。

その後ボスがオロナミンCを片手に「暑い。休憩しよう」と言ってくれたので、なんとか今こうして日記を書いている所存であります。 明日は4tトラックがくるので、死なない程度にパパパッとやってやろうかと思います

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0