• SAC Bros. Company

燠窯変


諸々あって帰阪していましたが、今晩からようやく伊賀へ帰れます。

今日は雑用のひとつ、免許の更新へ行ってきました。 ようやくゴールドになれました。

毎日 運転しているのにゴールド。って格好良いやん ? と思い 日々 研鑽を重ねていましたが もうかれこれ… 7~8年前 になるでしょうか。

鳥さんが引っ越しする際、南大阪から大阪市内まで 2t トラックをピストンさせた時 最後の荷物を積み込み、後は帰るだけ。となったその時 パスタでも作ったるから食べていき。 マンションの前は駐禁切られへんから。となり おいちぃおいちぃ言うて食うてる間、見事に駐禁を切られ 私のそれまでの研鑽が霧散してしまいました。

私が今までに食べた、最も高額なパスタです。

それがまたとんでもないタイミングで 免許のランク決めには基準日というものがあり、それは誕生日の 40日前 に設定されています。 その基準日と違反した日、更新のタイミングが神がかっていて 駐禁を切られた日から 2度目 の更新までゴールドになれない。 という呪いを受けたのです。

それにもめげず 新たなスタートを切り、今日 めでたくゴールドになったわけですが これを新しいスタートとし これからも安全運転を心がけようと思います。

長年 毎日のように運転していて気付いた事があります。 私はそれを " 宇宙の真理 " と呼び 身近な人に何度か話した事がありますが、なかなかわかってもらえません。

この真理は、枝葉を広げると " 世界平和を成就させる為に何が必要であるか " という事と同義となり それはそれは博愛に満ちた感動的な話へと発展するのですが 事細かに説明しようとすると、 2~3時間 はかかってしまいます。 だから誰も聞いてくれません。

そこで ショート ・ バージョンを考えて話してみたところ それすごいやん。 本にしいや。 と好評でしたが ちゃうねん俺はもっと細かいところまでわかって欲しいんや。と 逆に 伝える事の難しさを知る事となり、匙を投げました。

小3時間 、膝を突き合わせて 聞いてやっても良い。という猛者が居ればどうぞお願いします。 開眼する事間違いなし 目からウロコが滝のように流れる事 必至です。

キリスト教を広めた宣教師の苦労が身に沁みます。

どうもこんばんは。motomanです。

一昨日の晩から朝にかけては窯焚きの仕事へ行っていて その後、直で更新しに行ったら… 免許の写真がおもろい事になるんじゃあないか。と思いましたが そもそも体力が持ちませんでした。 歳を感じずにはおれません。

さ。そんなわけで

以前 書いた事があるような気がせんでもないですが 燠を使って面白い事は出来ないか。という話で 頭の中でもやもやしていた事があったものの、特殊な操作が必要なので 自分の窯が出来るまでお預け。と思ってましたが それを思い切って試せる機会を得ましたので 前回に引き続き、 2度目 のテストをさせてもらいました。

前回の結果がこれらの写真です。

↑ のものとこの 2つ 、合計 3点 あります。 右の壺はどういったわけか… 自然釉が剥離してしまった箇所があり 白く抜けてしまっているところがあります。

私のこれまでの経験から言うと、磁土ならではの現象と酷似していますし この壺は磁土を作ったものなので まあ そういう事かな。とか思ってます。

個人的な感想で言うと、この焼成方法は 初段階… 合格。 といったところで、取り敢えずは満足しています。

初回のテストでは、全ての品が " 焼き直し " だった。というところが肝で 自然釉の窯変っぷりや変化後の雰囲気なんかは満足だったものの 素の状態で同じ事をやると、土そのものの色がどういう変化を起こすのかはわかっていません。

そこで 今回は 2つ が焼き直しで再テスト。 再現性があるのかどうかをチェックすると共に 残り 2つ は生地の変化がわかり易いよう、新たに成形したものを用意しました。

今現在 窯の中でどうなっちゃってるかが楽しみでなりません。

残念ながら窯出しには行けず、結果を見れるのは結構 先になりそうで 遅ければ… 来月の中旬あたりになってしまいそうです。

どうなっている事やら。

私が駐禁の呪いを受けた頃から、色々な窯場へお邪魔し 薪窯というものを学んできました。

その中でも特に 自然釉の厚みと透明感、燠を使った深い窯変を研究する 普限窯というところにお世話になっていますが そこで得た知識や技術を活かし、自分なりの焼きを表現出来ないか。と考えた末 このような実験をするに至りました。

発想は単純で これまた事細かに話すと 小3時間 はかかってしまうので割愛しますが 平たく言うならば 燠を使い、短い焼成時間で ならではの " 焼き " を表現出来るか。 という事です。

今回の結果次第ですが 次にもうひとつ試したい事があり、仮にそれも思っているような結果が得られたならば 狙いが決まった事となり あとはそれに合った ( 正確には… 合うであろう ) 窯の形状を考え 自分の窯で再びスタートラインに立ち、実験を繰り返すのみです。

そこまでの道程、色々と考えているプランがありますし 越えていかなければならない ( 本当の ) 試練が沢山待っています。

" 窯変 " という言葉は非常に広義ですが 私の取り組みたいと思っている窯変はこんなとこです。

頭でっかちにならないよう ひとつひとつこなしていかなくてなりませんね。 別の試練で無駄に仕上げられたこの身体で ドーンとぶつかっていこうと思っています。

とまあ たまには真面目な事も書いておかないとアレやなあ。という事で こんな感じでひとつ。

実際のところどうなんでしょうね。 窯の形状の構想が終え、来年中に初窯を築く事が出来れば上々かな。 とか何とか思っています。

焼成理論の真理。 というものがあるのかどうか知りませんが どこまでいけるのかは サッパリわかりませんね

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0