• SAC Bros. Company

生焼け


なんだかこう… 暖かくなってきたらなってきたで。 暑くなるのが嫌だなァ。なんて思ってみたり。

どうもこんばんは。motomanです。

数回前に焚いた、喜楽歩の電気窯で どうやら焼成中に熱線が切れてしまっていたようで。

ちょっと暗くてアレなんですけれど、かなりマットな感じなのがお分かり頂けますでしょうか。

釉の溶け具合からすると…どうなんでしょう。 1100℃後半あたりで切れちゃった感じでしょうか ??

触れるとザラついていました。 外側に掛けた釉も、当然 焼きが足らなかったわけですけれど。 溶けてはいたし、いつものそれとは雰囲気こそ違いましたが 嫌いではなかったです。

先日の泉州焼まつりで販売した、真ん中あたりの真っ赤な新作がそれです。 焼き直しました。 随分と発色具合が違いますね。

思わぬ事で、半溶けの雰囲気を手にとって見られたわけですが。 ああいう…ドス黒い赤。と言いましょうか 悪くないな。と思ってみたり。

でも溶け切ってないわけだから、品としては当然…不完全なわけで。

温度を上げなければ使用出来るまでに至らないし 温度を上げるとドス黒い赤は得られません。

融点のみを下げる事が出来れば…その両方を得る事が出来るんでしょうか。 陶芸って面白いモンです

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0