• SAC Bros. Company

種蒔き


今日は夕方あたりから てんすけさんに付き合ってもらい、近い将来の為に種蒔きに行ってきました。 上手く刈り取れるかどうかはわかりません。

どうもこんばんは。motomanです。

土という素材は面白いもので 水分を含んでいないと、小気味良く成形出来ません。 が 水分を含んでいるが故、乾燥させなければならず どうしても…待ち時間というものが発生します。

思えば 種蒔きのようなモンだなあ。と感じます。

ろくろを挽いたり手捻りしたりで種を蒔き 土が頃合いの状態になった時、さらに手を加えて成形をします。

こないだ金沢へ行った際、半田くんが土産に持たせてくれた磁土。 今朝 初めて使ってみましたが ちょっと感動しました。

伸びる伸びる。 コンディション的には、私にはちょっと柔らか過ぎるかな。と思いながら挽いてみると 伸びる伸びる。 しっかり締まる。と言うのでしょうか 手の動きに寄り添ってくれると言いますか 非常に気持ちが良かったです。

何となく 共蓋ではない水指を挽いてみました。

私が以前使っていた半磁では絶対にヨレてしまう 薄くした口元を無理から狭めるような挽き方をしてみても しっかりとついてきます。

その性質を活かそうと思うならば きっと 丸みを帯びた…女性らしいラインを描くのに相応しい土なのではないか。と思い まあるい感じのものを多く挽いておきました。

あまりに気持ち良く もらった一本、一気に全部使い切ってしまいました。

その後は 赤い磁土を使ったものを幾つか。

触り心地は磁土でありながら 薄く仕上げると微妙に土っぽさが表面に浮いてきます。

ならば 薄手のものが似合いそうだ。と感じているので ジュワッとした焼きで仕上げてみたいと思っています。 この勘が当たっているのかどうかはわかりませんが。

しばらくは…焼締め用の土として扱ってみようと思っています。 どれくらい窯変の幅があるのかが楽しみです。 結果が見れるのは 一ヶ月ほど先になりそうです。

最後に大壺のその後でも。

こうなりました。 何とも言えません。

初めての大壺で楽しかったわけですが 裏返すと 何もかもがわからないので気楽に作れた。というだけで 小 ・ 中 ・ 大と今回 3つ 作ってみて 色々な疑問や課題が見つかりました。 ここからが始まりです。

何かの機に先輩方に会った際、その辺り聞いてみようと思います。

と、ろくろを挽くのは比較的 他の作業と比べて費やす時間は短いので ついつい種を蒔き過ぎてしまうのですが これらを想像していた通りに削り、上手く収穫出来るのかどうかは別問題で それにかかる時間は…なかなかのものがあります。

今後の予定を鑑みても やりたい事をやりきれる時間があるかどうかすら怪しく 上手く成形を終えられるかどうかもわかりません。 また、それらを無事に終えたとて 上手く焼けるのかどうかも…アヤシイもんです。

兎に角 後悔だけは無いよう、コツコツと地味に ただただやるしかないですね。

いや 挽き過ぎたかもしれん

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0