• SAC Bros. Company

耐火鍋


目から鱗が落ちる。 ふとした人の優しさに触れ、目から鱗モンでした。 なんて意味で捉えていましたが、本当は ある物事をきっかけに、急に物事の本質が見えるようになる という意味だそうです。

え?マジで?って思ったのは…私だけでしょうか。

どうもこんばんは。motomanです。

昨晩は、何やら…やけに静けさに包まれたような夜で 昼あたりまで泥のように眠ってしまいました。 それから喜楽歩へ、先日 水挽きした鍋を削りに行きました。 📷まずはシチュー鍋です。

蓋を外し易いよう、首に出っ張りをつけました。 いつもやっている事を何とか他にも活かせないか。と日々考えていますが まあ…コレにはピッタリ合ったので。 📷これまたシチュー鍋。

耐火粘土は挽くのが初めてだったので、つまりは 削るのも初めてという事になります。 かなりザクい ( 粗い ) 土なので、いつもの超鋼鉋の出番は無く。 最初は試しに使ってみたんですが、鉋の刃がこぼれてしまいそうだったので 今回はかきべらのみで削り進めました。

もう1つの方は、丸みを大事にしたので こっちは とんがりつつも…丸みを大事にした感じでしょうか。 📷鍋を作るのが初なので、 取っ手をつける作業も初めてで… 比較的 普通の取っ手に仕上げました。

別に水挽きした土の環を、4等分して 2つずつ、2セットの鍋に使う事にしました。

こちらは丸みがテーマだったので 取っ手も少し下がり気味につけ、柔らかい印象にしました。 📷こちらは、丸みを帯びながらも…少し硬い印象を出したかったので 取っ手の角も少し立ち気味にし、取り付けるラインも少し立ち気味に仕上げました。

この2セット、躯体はほぼ同じ形ですが 蓋と取っ手の形状を変える事で、どれだけその雰囲気に変化をつけられるか。が 私の中のテーマだったので まあ…成功したと言えそうです。 📷同じ土の環から作ったパーツを、上下逆さまに取り付ける事で これだけ雰囲気に違いが出ました。

ものづくりは…本当。毎日が勉強です。 📷先の日記の写真の 下手糞な皿。 底を切り落とし、環を作りました。

え、じゃあ最初から環を挽けばいいんじゃあないの?と思われるでしょうが 環だけ水挽きすると、かめ板から切り外す際に 形が歪んでしまう傾向が強いのです。

そういった理由から、皿を作り 底を切り落とすといった工夫をしてみましたが どうやら成功のようです。

同心円の、奇麗な環が獲られました。

で、これを何に使うのかと言うと… 📷土鍋の躯体にくっつけました。 取っ手ですね。

シチュー鍋も…実はこの形にしようと思っていたのですが あまりにアバウトな環を作ってしまい…実際合わせてみると 何とも言えない…不細工な形になってしまったので…断念しました^^; 📷土鍋の蓋です。 削るには…少し乾燥させ過ぎて硬かったのですが ザクい感じが出て、まあこれはこれで良かったかもなァ。なんて思っています。

それぞれの土の特質を考えた時、 奇麗に仕上げたければ、いつもの半磁土を使えば良いわけだから この土を使うからには、その特質を活かさなければ…意味が無いと思います。 この土のザクい感じをそのまま受け入れ…活かしてやらなければ。 この土を使うからには、そういう責がある。と そう思います。

釉薬を掛け、表面を削ってザクくなった部分と 水挽きしたままの、滑らかな部分。 この違いがどう出るかは…焼いてからのお楽しみです。 📷こういった形の土鍋になりました。

焼いてみないとわかりませんが…ザクい感じとこの形が 果たして相性が良いかどうかはわかりません。 ちょっと調べてみると、同じ耐火粘土でも もっと粒の細かい、滑らかな物もあるようです。

耐火粘土用の窯があと何回あるかわかりませんが… 鍋のシーズンもあと僅かなので…色々と試してみるのは 9ヶ月後あたりになりそうです。

耐火粘土を扱ってみる。という一応の目標は達成できたので 今シーズンはまあ…これで良しとしましょう。 📷水漏れチェック中の例の花器。 生徒さんが挿してくれたのでしょう。 萎れてはいましたが…南天の赤が映えます。

特にコレといった理由があるわけではないのですが 最近、白い花器にハマっていて… とりあえずコレに関しては 赤が映えそうだなあ。と想像して作り まあその通りになったと思うので、合格としましょう。

これからも、白い花器。 あれやこれやと作っていこうと思ってマス

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0