• SAC Bros. Company

脳と手


大阪府知事・橋下 徹のツイートをまとめてみると。

※ 当然ながら   私というフィルタを通しているので、過不足が生じる可能性を考慮して下さい。   また 要点のみの書き出しの為、一字一句 正確なものでは決してありません。

16日 19:45

" 被災地へ人・モノを送ることには限界が出てきます。  被災者を正常な自治体、特に受け入れ能力の高い都市部に疎開させるべき。  被災者を分散させて、被災地でのサポート、疎開先でのサポートを分けるべき "

という理念の下、

19:57

" 関西広域連合全体での疎開作戦を展開する。  兵庫、京都、滋賀、徳島、鳥取も疎開作戦に参加、  大阪と和歌山の担当は岩手  被災者をお迎えする移動手段も確保していく "

20:06

" 大阪府は府内市町村と協力して生活サポート、教育サポートをきっちり行います "

といった案を提示する中、現在行われている救援物資の輸送について

20:50

" 被災者疎開大作戦を実行するとしても、現在、被災地に物資を送り続けなければならない  今は各自治体が個別に物資を送っている状態で非常に非効率  大阪府は府内の市町村から支援物資を3か所の拠点に集積 "

といった現状を分析・報告した上で 次のような解決案を提示しました。

20:57

" 大阪府圏域、さらには関西圏域から一度大阪拠点に物資を集積し、  ( 救援物資集積 最前線基地である ) 山形に送る。  山形から被災地への送りは、東北圏グループにお任せする。  どのような物資が必要か山形の前線基地から大阪拠点がオーダーをもらう。  そのオーダーを大阪府内の市町村から調達する  こういった、兵站線の確立を目指していきます "

17日 8:17

" 国は、現地での救助活動に全力を挙げる。  全国の自治体は、被災者を受け入れサポートを行う。  役割分担が必要。  被災者の一時疎開を打ち出すべき。  このままでは東北全体が機能不全を起こす。  関西は、西日本は全く正常である。  被災者を関西、西日本に移すべき "

8:20

" 国は被災地での人命救助に全力を挙げる。  また、国は原子力発電所の対応に力を尽くす。  原子力発電所の対応を誤れば、日本全体が破滅する。  首相・国は、自分たちは何に集中し、地方に何を任せるか方針を立てるべきだ "

8:24

" 50万人とも100万人とも言われる被災者を、出来る限り関西・西日本に疎開させ  東北から被災者サポートの負担を軽減してあげなければならない "

詳細はコチラ ( 大阪府ホームページ )

どうもこんばんは。motomanです。

ある程度の情報が蓄積されると、違った観点を持った意見が出てきます。 これは日常的によくある事で " 会議 " と総称されるもので特に見受けられる気がします。

一定の、公的な不利益な事実があり、それにどう対処すべきなのか。 それを皆の頭脳で好転させる為の " 会議 " であるわけですが 解決案を、どういった方向へ持っていくべきか。という点は 人それぞれ違ってきます。

その理由は当然、色々あるでしょうけれど そこに在るのが誠実な理念に基づくものであるか 利己的な考えを基にしたものであるか、では 雲泥の差があります。 すでにベクトルが違う。と断言しても構わない気さえします。

私も過去に色々経験しましたが、会議という場に於いて 最も悪質だと思うのは イラつきながら否定する人です。

不安を怒りに転化させ、心の安定を図る事は悪くはないですが…

そもそも会議というものは 事態を好転させる最良の案を出す為に、頭脳が集まるわけですが 否定する事こそが私のライフ・ワークです。と言わんばかりの方々も居れば 自分の意見を言う為だけに出席したんじゃあないか。と思ってしまわざるを得ない方々も居ます。

酷くなれば、それはただの " 揚げ足取り " にしかならないし 出された意見に対してどういう観点で反対と言え それを好転させる為の代替案を提示する事こそが 議論の質を大きく変えるファクタだと思います。

自分の意見を言いたいだけならば、日記にでもしたためれば良いはずです。 それじゃあストレス発散の為の愚痴となんら変わらない。と、私は考えます。 レスポンスがあって初めて議論が成立するわけですから。

意見を言わない人が最も悪質だ。と言う方もおられるでしょう。 その場合、考えられるのは…おおまかに分けて3つ。

その場で聞いた他人の意見を受けて、あるいは新事実を加味して " 思考中 " である 意見を基に " 分析中 " あるいは、代替案を " 思案中 " である そもそも意見など無い。ってゆーか早く帰りたい

このあたりでしょうか。

現状報告だけならば " 会議 " ではなく " 報告会 " であり 議題に沿って意見を提示する事こそが大事だと思うわけです。 つまりは、ある程度の長丁場になる事は当然で 裁判が何年もかかってしまうのも…そういった理由からかもしれません。

そういったわけで 今回のこの大阪府知事のツイートに対して私が感じた事は サラッと言えば、好感が持てました。 さすがに元・弁護士というだけある。と言いますか…

現状を見た上で問題点を指摘し 解決に向けて具体案を提示し 自分に出来る事を考えているように見受けられました。

疑問点は

その活動に関しては賛同しますが いささか…見切り発車感が否めない。と言いますか 府民の意識はどうだろう。と思います。

私はたまたま Twitter で見たから知っただけの事で おそらく、そんな取り組みが始まろうなんて事 府民のほとんどが知らないと思います。 どうなんでしょう… 私が知らなかっただけか 橋下知事の周りに、賛同する人が多いだけなのか。

ネットで情報の共有化が進んだとは言え それは以前に比べての事であり、まだ脆弱な部分が多々残されていると思います。 それらは今回の震災でも露呈したし、復旧後はそのシステムを再考する必要があります。

一個人としては賛同しますが、受け入れの際に自分が何が出来るだろうか。と考えた時 現段階では、その点さえもまだ不透明で いざ受け入れが始まった時、混乱は起きないだろうか。と考えます。

切り離して考えるべき " 人情 " を加味しても いえ、そんな状況はとっくに超越している。と考えれば納得出来ますかね… 事実そうだと言えると思うし、とにかく一刻を争う時だから こちらへ来てもらった方が良いのかもしれません。

人は低きに流れる。だなんて誰かが言っていましたが 志のある人、カリスマを持ってリーダーシップを発揮できる人が居れば あるいは…言ってしまえば 大衆の心理を操作できるほどの人物であれば… それが良い結果を生むのであれば。 それも享受する価値のあるものなのかもしれない。と思いました。 恐怖と紙一重ですが… それがシステムとして孤立したものではなく あくまで、血の通った理念で在りさえすれば… 欺瞞は残るものの… 必要な時があるのかもしれない…

とどのつまり 私も結局、個人ブログに自分の意見を書いているだけなので たいしたアレも無いですが 今、大阪はこういう動きを見せている。という部分だけ汲み取ってもらえれば。

16日 19:06

" ボランティアの態勢も整いつつあります。  多くの大阪府民がボランティア活動をしたいと言っています。  被災地に入れないので、大阪に来て頂ければ全力でサポートします。  被災地から大阪への移動手段も確保します。  大阪は教育も医療も都市機能が正常です。こちらに来て下さい "

19:18

" 岩手県知事にこの旨お話しし、岩手県内の市町村にこの情報を広めてもらうようお願いしました。  関西広域連合の現地連絡員もこれから広報に努めます "

19:23

" 大阪府は府営住宅2000戸確保。  市町村営住宅も順次確保。  府立高校最大3000名受け入れ態勢OK。  具体的には教育委員会が学校調整。  私学団体にも私立高校への受け入れを要請。  小中学校への受け入れも市町村に要請。  生活サポートもします。  生活に必需品も提供します "

私は 橋下知事の提案した、この疎開作戦に賛同します。 ある思考に賛同する人が増えれば それを実行する為の力、つまり " 手 " が必要になってきます。

橋下知事の考えの下、私は " 手 " になり 被災者を支援したいと考えています

1回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート