• SAC Bros. Company

請求額


帰宅し、届いていたケータイの請求金額を見て…目を剥きました。 12378円 !? 前月のご請求金額 2679円 いつもの6倍使ってしまったようです…

そういえば最近、何だかんだとメールを打つのが面倒で 電話する事が増えた気がします。

参ったな…

どうもこんばんは。motomanです。

どうも風邪っぽくていけません。 が、締め切り間近なので…はりきっていきましょう…

昨日 水挽きした物を削りました。 やはりこのシリーズは、いつもよりかなり早めに削ってしまうのが吉のようです。 シャーシャーと削ってしまいました。
ガイドラインは…だいたいです。 適当ではありません。 だいたいです。 引いたガイドラインに合わせ、シャッシャします。

1周ぐるりと削ってあるので 見る場所によって波が色々と変化しますねえ。

これが以前焼成した物。 上から下まで5段に分けて削り進めたのですが イマイチ…”何故削り分けたのか”が判り辛いですねえ。 セレクトショップで言われた事を踏まえ これに変化を加えようと、出来上がったのが今のシリーズです。

お陰様で成長いたしました。

昼からは大鉢を5枚挽いて…2枚潰しました。 残った3枚は… ようやく目標の 510 mm を超える 520 mm を記録しました^^

その時にふと思ったのが 510 mm の径の大鉢が乾燥して 30 mm ほど縮むとして、ですよ 私の窯に入るギリギリの径の大きさが 480 mm できるだけ大きい物を出品したい。という想いがあり、その数字を追っていましたが よくよく考えてみると…

写真のように、支柱を立てるスペースが要ります。 …あれ? 480 入るんですか^^;

一番上に置けば問題無いわけですが 何枚か同じ窯に入れる予定なので…

鳥さんに頼んでCADで計算してもらおう…

しかし難しいもんです。 円筒はそれなりにサクッと出来るようにはなりましたが 広げ方と言いますか タイミングと言いますか… 倒していく過程にいくつか疑問が浮かびました。

口縁が薄くなるのは当然の事で まだちょっと腰に余分な粘土が残っているなあ。といった感じです。

大鉢を挽く際、課題や疑問が3つ4つ見つかってしまったので そこらへんをどう乗り越えていこうかと、思案中であります。

といった感じでここはひとつ。

明日は午前中、これからお世話になる陶芸教室を 見学しに行ってきます

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート