• SAC Bros. Company

請求額


帰宅し、届いていたケータイの請求金額を見て…目を剥きました。 12378円 !? 前月のご請求金額 2679円 いつもの6倍使ってしまったようです…

そういえば最近、何だかんだとメールを打つのが面倒で 電話する事が増えた気がします。

参ったな…

どうもこんばんは。motomanです。

どうも風邪っぽくていけません。 が、締め切り間近なので…はりきっていきましょう… 📷昨日 水挽きした物を削りました。 やはりこのシリーズは、いつもよりかなり早めに削ってしまうのが吉のようです。 シャーシャーと削ってしまいました。 📷ガイドラインは…だいたいです。 適当ではありません。 だいたいです。 引いたガイドラインに合わせ、シャッシャします。

1周ぐるりと削ってあるので 見る場所によって波が色々と変化しますねえ。 📷これが以前焼成した物。 上から下まで5段に分けて削り進めたのですが イマイチ…”何故削り分けたのか”が判り辛いですねえ。 セレクトショップで言われた事を踏まえ これに変化を加えようと、出来上がったのが今のシリーズです。

お陰様で成長いたしました。 📷昼からは大鉢を5枚挽いて…2枚潰しました。 残った3枚は… ようやく目標の 510 mm を超える 520 mm を記録しました^^

その時にふと思ったのが 510 mm の径の大鉢が乾燥して 30 mm ほど縮むとして、ですよ 私の窯に入るギリギリの径の大きさが 480 mm できるだけ大きい物を出品したい。という想いがあり、その数字を追っていましたが よくよく考えてみると…

写真のように、支柱を立てるスペースが要ります。 …あれ? 480 入るんですか^^;

一番上に置けば問題無いわけですが 何枚か同じ窯に入れる予定なので…

鳥さんに頼んでCADで計算してもらおう…

しかし難しいもんです。 円筒はそれなりにサクッと出来るようにはなりましたが 広げ方と言いますか タイミングと言いますか… 倒していく過程にいくつか疑問が浮かびました。

口縁が薄くなるのは当然の事で まだちょっと腰に余分な粘土が残っているなあ。といった感じです。

大鉢を挽く際、課題や疑問が3つ4つ見つかってしまったので そこらへんをどう乗り越えていこうかと、思案中であります。

といった感じでここはひとつ。

明日は午前中、これからお世話になる陶芸教室を 見学しに行ってきます

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0