• SAC Bros. Company

贈り物


初夏の風 そこに見えしは 青白の縞

どうもこんばんは。motomanです。

早速一句詠んでしまいました。 蒼天に浮かんだ純白な雲。 初夏の抜けるような空模様を詠んでみました。いかがですか。

本当は、初夏に吹くやわらかな風のいたずら心が私にくれた、ほんのひとときを詠んだ句です。 女子高生のパンツです。 ありがとうございました。

好きだぞ。初夏…ッ!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

2019