• SAC Bros. Company

走馬灯


おそらく 低血圧というわけでもないのだが、起床してからの 2時間 ほどは 非常に機嫌が悪いのが常で、頭がほとんど回っていない。

そんな状態でうんこしながら、いつものようにウォシュレットの " ムーブ " と書いてあるボタンを押し いつものように尻を反時計回りにくるくると動かし、 " 停止 " を押したつもりが… どうも " ムーブ " を押してしまっていたようで、私の菊門を直射する鉄砲水が止まらない。

" 停止 " を押したつもりだったから、水が止まらない事自体に驚いたのだが それ以上に、鉄砲水が前後に動いている事に気付き…ハッキリと目が覚めた。

まじか。 こんな便利な機能があったのか… なんだこのセクシィな動き… 自分で尻を振っていた私は何であったのか…

と、いう話をすると バカなんじゃないの ? と言われたが 疑問形である以上、バカかどうか判断できていないわけだから 少なくとも…君もバカである可能性が高い。と考える…私の最近の口癖は バカなんじゃないの ? である。

どうもこんばんは。motomanです。

最近 喜楽歩に新しく入会された会員さんと話していると 田中先生の作品見てみたいわあ。と言われました。 ( 正確には…講師としてではなく、雑用として雇われているので、ただの田中なのですが ) いつも携帯しているカメラに少し写真があったので、それを見てもらいました。

昔の写真を見てみると、 ああ。そういえばあの頃はこんな物を作っていたなァ。などと思うわけで 実際、その会員さんにも 色々な物を作ってこられたんですね。と言われました。

気付けばこのブログも、なんだかんだと 2年 と 2ヶ月 続けてきました。 先日、 PC 内のデータを整理しよう。と思い立ち 写真の類をまとめながら、自分が作ってきた物を振り返りました。

自動車整備工を辞め、陶芸一本に絞って…はや 1年半 が過ぎました。

自分の現在地はどんなところに在るのか。 何を得てどう変化してきたのか。

先日、昼馬さんに言われた事を…頭の中で反芻しています。 " 君の中で一番大事な事を見失ってはいけないよ " 漠然とはわかっているつもりですが このあたりで… 1度 振り返ってみても良いかもしれない。 予定していた仕事が無事にひと段落し、次まで少しインターバルがある、この時に。

SAV という共同作業場が決まり、さて…作陶だ。となったものの 何を作れば良いのかさっぱりわからず… 当初は、全く意図の見えないない物を作っていました。

過去の、しかも わけのわからない物を見られるのは…尻から火が出る想いですね。

しかし写真の撮り方ひとつ取ってみても…酷いデスネ。

とりあえず…お金が無かったモンで、ネットで調べた 一番安い白土で作っていました。

お金が無いのはこの頃から変わりませんが、何が決定的に違うかと言うと この頃は お金以上にこだわりが無かった事でしょう。

何かしないといけない…という焦りから 最も不得意とする、絵付けに手を出した。という…正視に堪えません。

何か特徴的な物を作らなければ…という間違った認識から作ったフタもの。

初めて作ったフタものです。 形はおろか、釉の掛け方も粗く 何も言えません。 当時はそれなりに満足していたわけだから…恐ろしい事です。

井の中の蛙。 あるいは… 無冠のキング オブ オナニスト。

この頃は、エア ・ ガンを使って吹き付けていました。 飯碗であろうと 大物であろうと。

そこに意図があったわけではありません。 ただ、ムラを嫌い 奇麗に釉を掛けられている事が完成度を上げる。という 偏見と無様な思い込みによって、エア ・ ガンを使い続けていました。

まァ…おかげで、エア ・ ガンの吹き付けは得意にはなりました。 少なくとも…得る事はあったわけです。

では、そのエア ・ ガンの吹き付けを用い グラデーションを奇麗に出せないか。と思い立ち 着手しだした大鉢。

削りの際に 奇麗に奇麗に…手跡を残さないように奇麗に…削るのが最上である。と思い込んでいた私が 偶然発見した飛び鉋。 うん。これをそのまま残せば波模様になるんじゃあない ? と それに合わせ、瑠璃色をチョイスしました。

また、 ムラの出易い瑠璃釉を、どこまで奇麗に掛け分けれるか。と 技術的なテーマが具体的に決まった瞬間でした。

そう考えると、ある意味 転機だったのかもしれません。 意図が…芽生えてきた、最初の作品です。

色味を変えてみたりして…

色味がハッキリと出せるように。と、この頃から 白土から半磁土へと、土を変えた頃でもあります。

土にほんの少しだけ…こだわりが出てきた頃です。

半磁土の中でも 安く販売されているところを探し、値段に惹かれて購入した土でしたが これが大当たりで…

白さを求めていた私にとって、文句のつけようのない土でした。

…しかし このフタものは一体何なんでしょう。 デッサンのモチーフとしては…使えそうです。

以前作った赤いフタもののよう 首が長いのがあればおもしろいんじゃあない ? という、ただそれだけの安直な発想で作ったフタもの。

この頃からでしょうか。 " 形 " というものに興味を持ち始めました。 上から下までのラインを、流れとして捉えるようになったように思います。

ラインを強く意識した結果、 首が長く…脚も長ければ…結構 奇麗なラインになるんじゃあない ? と またも安直な発想で作ったフタもの。

今でも好きな形ですが、これ以来…作っていません。 また作ってみよう。

おおまかなラインを削りで掘り出し、窪んだところに飛び鉋を入れていた頃の作品。

この頃は青磁にハマっていました。

深い削りで形を大きく変え、その頂点を繋ぐラインを意識し出した 最初の作品と言えるかもしれません。

では、それを強調したいのであれば 飛び鉋は必要ないんじゃあないか ? と、こだわってきたものを 思い切って捨ててみた物も作っていました。
一方で、無難な物も作らないと…貯金が無くなってしまうぞ ! と これまた間違った認識で器を作っていた時期です。

1 にも 2 にも…焦りに焦って、何も見えなくなっていた暗黒時代の到来です。

ちょっと…ターゲットを絞った方が良いんじゃないの ? と思い 女性ウケしそうなデザイン ( 日々デザインしている人にとっては大変失礼な使い方ですが ) したりもしていました。

まあ 今こうして見てみても 飯碗のラインの原形は、この頃から少しずつ固まりつつあるようです。

何が悪い。どこが悪い。という問題では無く 自分の中では結構好きな部類に入ります。 が 何がアレかと言いますと、やはり " こだわり " がいささか希薄であった。という点にあります。

私にしか作れない物がきっとあるはずだ ! という…熱くほとばしるものが 欠けていたのでしょう。

井の中の蛙、存在意義を知らず。

そんな状態であったから、何もうまくいかないように思えてきて 地元の陶芸展の出品が決まった事もあり 全てを投げ出して ( 半ば人生を諦めた勢いで^^; ) 作った大鉢。

瑠璃をさらに濃くし 吸い込まれるような形にし、それを強調する為に黒を挿しました。

これが転機となり 大げさですが…ようやく生を得た気がしました。

ああ。物を作るという事は…こういう事なのか。と 20代後半 のオッサンがモゾモゾと動き始めた頃です。

次の窯で焼成した物も全てが無事に焼き上がり ある種の快感と、技術がある程度高まった事に高揚した頃です。

飛び鉋も ムラなくエア ・ ガンで吹き付けられるように…と、訓練してきた事が ようやく芽吹いた…と感じていました。

しかし エア ・ ガンで吹き付けている以上、ある程度の大きさが無ければ掛け分けられず。

この雰囲気を小さな器に還元する事が出来ず、別の物も並行して進めなければ…と またも焦りが見え隠れするようになってきました。

そんな中、ふとしたきっかけで作った釉が良い感じに発色し うん。悪くないなァ…と、マンガンにハマり出した頃です。

大きなフタものなんかも作ってみたりして。

この、かせた感じと言いますか 鈍く光る調子に惹かれ…

テカりを嫌い、色々と試した結果…もはや焼き締めで良いんじゃあないか ? という 得意とする、根拠の無い極論を持ち出し 無釉で作った半磁のフタもの。
土そのものの色が出て、今でも好きな事には変わりありませんが 無釉ですから…至極当然 キツい汚れがついてしまうと…取れません。 致命的デス。

削りでラインを出す事に関しては、ある程度の自信を持ち始めてきた頃でしょうか。

そして。 2度目 の暗黒時代の到来です…

何がどうなってか 1度 手にした、制作に対する考えが霧散してしまい またわけのわからない物を作り始めてしまいました。

こんな微妙なタンブラーや…
掻き落としで描いた " 漂流教室 " の板垣くんです。

一体私に何があったんでしょう。 病んでいたのかもしれません。

裏側には 板垣くんが怪虫に真っ二つにされた時の擬音 バキッ と描きました。

完全に病んでいます。

色々な釉を試し、この危機を脱出しようと モガモガともがいていました。
結果 成形や施釉なんかの技術は上がったように思いますが 大事な芯の部分が、未だ掴みきれていない感は否めません。

でもまあ これらはとても気に入っていたし、この頃から調合を変えて作ったマンガン主体の釉薬も 良い感じに扱えるようになってきました。

ほんと、こうやって自分が作ってきた物を振り返ると…おもしろいモンです。 同じ悩みに帰り、デジャヴのように…繰り返していますね。

ちょっとスタイリッシュなデザインの物を作りたいなァ。と、浮気心を垣間見せながら作った物達。

自分の中ではかなり気に入っていたのですが 何故か全く売れませんでした;;

形を変えた別パターンの物。

この形は…外国人の夫婦がご購入下さいました。

これも自分の中では うん。悪くないよー。と思っていたんですが ほとんど売れなかった記憶があります;;
一方でフタものは アウトラインを強調する為、原点へ戻ろう…と 半磁に白味のマット系の釉を掛けた物を作り始めました。
削りと彫りで表現したいものは…アウトラインと、もうひとつ。 陰影だ ! と気付いたのがこの頃で そればかりを貪欲に追っていました。
それがどのように生かせたのかは…正直わからず終いでしたが 削りと彫りの新たなパターンを編み出したり。と 成形技術は格段に上がったと思います。
何かこう 朽ちた感じに惹かれ易い自分に気付き それを表現するには…墨と貫入か… ? と、予測を立て 作った鉢。

テーマがあり、それに沿った素材や手法を選ぶようになった。という点に於いては きっと成長したんでしょう。

と、その一方で ラインを強く意識した、白味マット系の器を作ってみたり。と 相変わらずブレている気もしますね。

きっと自分の中に色々な人格が混在しているから ごく自然なようにも思えますし 色々な方法を模索している。と解釈すると…少なくとも 悪い事ではない気もします。

深い、光沢のある なんとも不思議な青味を帯びた飯碗を作ったり
マンガンを用いた青味を全面に押し出した釉を調合し それを用いた飯碗を作ったり
テッカテカの湯呑みを試作してみたり。
コレが、私が半磁土を用いて作った 今のところ最後の一品です。
その後は、兼ねてから興味のあった黒土との出会いがあり 白味マット系で訓練してきた、ラインを 黒土に置き換えて試してみる。という日々が続きました。
水挽きしたものは いかに歪ませずに仕上げるか。 釉は いかにムラなく塗布できるか。

そういった作り方をしてきましたが、手跡を残したり あえて歪ませたりという事をしてこなかったので やってみなくてはわからん ! 合わないと思えば やってみてから捨てれば良い。と 水挽き後に手を加える。という事を始めた頃です。

白化粧をワンポイントに置いてみた物や
八田さんが調合された、マンガン系の釉を借りて試作してみた物。
これが私の好みにバッチリと合い、感動を憶えました。
また、一方では 黒土ならではの釉調の変化を探るべく 他にも色々な釉を試してみました。
そして 黒土を使った、初めてのフタもの。

一見 鉄器のような雰囲気が気に入りました。

また、この頃から 削りと彫りで浮き出るエッジと 有機的なラインを混在させた物を作り始めるようになりました。

粉引きを主に制作されている八田さんの鎬を見て 私なりの鎬とは 私が鎬を使って新たに考え得るラインとはどんなものだろう。と形にした物。

今では定番となりつつある、この形です。

蒲公英の綿毛を見て感じた 点と線の関係から成り立つ…アウトラインの曖昧さを表現したくて 鎬を止めた場所を点とし、それらを繋いでラインとなるように鎬を入れました。

そのゴツゴツした感じと、色味が自分の中で素直に受け止める事が出来た…いわば お気に入りってやつです。

また、この鎬で 深く彫りを入れたところに溜まった釉が…ラメの入った金ピカになる事を発見しました。
ならば… こういう彫りを入れて釉の流れを止めれば 金ピカが出るんじゃあないの ? と、棚板をボロボロにしながら…試作を繰り返し ようやく こんな形に仕上げられました。

あとは 金ピカと、鉄器のような雰囲気の配色バランスか。と 金ピカを全面に押し出した物、ワンポイントに金ピカを入れた物など あらゆるラインの形に対し、どこまで釉が流れて どこで止まり、どのように溜まり どのように発色するのかを追いました。

一方で、鉄器のような 武張った色味も並行して追おう。と、作ったフタものです。

調合を少し変えてみると…ごくわずかに 銀色に変色する事を発見しました。

この銀味を全面に押し出すには…どうすれば良いか。 これが、今私の取り組んでいる最も大きなテーマです。

これが銀味の現在地です。

コンプレッサでのエア ・ ガンの吹き付けを使うと やや赤味が勝り、私好みにはなりません。

この銀味を出すには…筆の種類と釉のボーメが そのほとんどを左右します。

後は 焼成温度帯の研究でしょうか。

釉を生掛けで本焼きした時の微妙な違いも見逃せません。

紆余曲折。

振り返ってみると…色々ありました。 今でも悩みは尽きませんが、その質は大きく変わりました。 私自身に変化があったのかどうかは…わかりませんが おそらく 思考経路、あるいはものの捉え方に変化があったのだと思います。

捨てる神があれば拾う神あり。なんて言いますが こうして見てみると さして無駄な事は無かったのかもしれないな。とも思えます。

色々な方向へ入っては…悩み、迷い そこから逃げるように別の道を探し、少し頭を打っては…悩み。

きっと 2年後 にはハゲるんだろうな。と漠然と感じていましたが 今では、あと 5年 くらいはハゲないように思います。

武骨な物を作りたい。という、私の人生を賭けるに値するテーマがようやく決まりました。

それでも 遊び心を少し交えた 別な道へちょくちょくと寄り道する事も忘れません。

当時はこの行為に対し、嫌悪感に近いものを覚えていましたが 今はそこが随分変わったように思います。

効率は悪いかもしれませんが、その中のほんのちょっとだけでも ある 1点 だけでも 還ってくるものがきっとあるんだから また振り返った時に ああ。こんな物を作っていたなァ。と 懐かしく思えるような物を これからも模索していこう。と そう思います

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0