陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

銀河村


女性の方は、自分と同じ服装をした人と出会ったら胸クソ悪い。と言うようです。 先日おかんが買ってきてくれた、目に飛び込んでくるような明るいうぐいす色のボクサーパンツ。 トイレに行ったら同じ色のタオルがかかっていました。 これはどういう感情を表せば良いのでしょう。

どうもこんばんは。motomanです。

またバタバタとしていて…更新できずに一週間あまりが過ぎてしまいました。 ここ2・3週間の間に、よく銀河村へ足を運んでいます。 先日の夢十展で、私の作品を買ってくださったDesignTM 古谷 智子さんが代表をされている共同作業場です。

古谷さんはサンドブラストでガラスに模様を描く作家で、 前々から陶器にブラストしてみたかった。との事。 私は私で、サンドブラストを用いて試してみたい事があり。 これは丁度良い出会いになりましたね。という運びで 今月末の、古谷さんが東京での個展に出展する作品の生地を依頼されました。

今作業場に…ブラストを終えた生地がいくつかあるのですが 非常に興味深いです。 ブラストの特性も活きているし、”陶芸の削り・彫り”では表現できない効果があると思います。 陶芸の削り・彫りが線であるとするならば、ブラストのそれは 細かな点。と言えると思います。 日々粘土を削り・彫りたおしている私には…見逃せないところです。

今日は素焼きし終えたものを預けてきました。 と、引き換えにすでに削り終えていたものを持って帰って来ました。

明日、早速釉を掛けて本焼きしようと思います。 焼き上がりは明々後日くらいです。

今から楽しみです。 共同作品という事で…うまく釉を掛けないとな…というプレッシャもありますが^^;

0回の閲覧
0カート