• SAC Bros. Company

#7 離


自動更新機能バンザイ。

どうもこんばんは。motomanです。

さて。 伊賀の話の続きでも。

最初の最初に紹介した… 憶えもあまりありませんが この家は 母屋 離れ 土蔵 3つ の建屋があります。

離れの 1階 は、機械いじりが好きだったというおじいちゃんが作業場として使われていたようで 土間でスカッとした空間だったので そのまま作業場として使う事に決めました。

母屋は茅葺きの平屋ですが 離れはその後に増築されたようで、 2階建て になってます。

家は集落の最も奥、山手の高いところにあるので 景色が抜群です。 将来的に薪窯を築きたいので、この条件は外せませんでした。

この部屋でボーッとしているだけで視力が回復しそうなほど と------------------------------------くまで見渡せます。 盆地。ってのがわかり過ぎるくらいわかります。

2階 にあった色々なものもなかなかの量でしたが、あらかた処理し終えてます。 ただ 昔の造りなだけに階段が結構… 急で 作ったものを上げたり下げたりも面倒ですし 在庫部屋やギャラリースペースにするにしても、結局 ものの上げ下げが面倒なので 用途は全く決まってません。

よって放置。 手を入れるしにしてもお金が出来てから。って話なんで やはり放置ですね。

母屋と違ってここに住んでいたわけではなかったらしく ? 壁も天井も床も、おそらく建てた状態そのままなので リフォームするには最高の状態である事は確かです。

手を入れさえすれば、かなり雰囲気の良い場所になる予感しかしませんが 生活とは関係のないところなので… やはり放置。 が 手を入れたくなってしまいます。 が 我慢ガマン。

何気に どういったわけか、立派な板材なんかが落ちていたりするので どこかに有効活用しようと思います。

部屋の造りを見るに 旅館みたいな感じなんです。 来客用の部屋にしよう。とか思ってますが ガマン。

金と時間さえあれば… 相当 遊べるのに…ッ って そら なんでもそうですね。

隅っこに置いてあったのは 開けてみると… 相当 古そうなミシンでした。 私にその価値はわかりませんが 欲しい方いらっしゃるんでしょうかね ?

きちんと写真撮り直して Facebook で募ってみましょう。 相当重そうなので… 引取限定になりそうですけれど

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0