• SAC Bros. Company

オフ

今日は 先日の販売会で宣伝チラシを置いていただいたところに お礼しに行きました。

ほんの小さな親切心でも ベクトルが決まっていれば、大きな力を生む。と ポスティングやビラ撒きをして感じました。

どうもこんばんは。motomanです。

販売会も無事終わり、今日は作業場をシコシコと片付けました。 用意していた展示用の机や木の板 作品、梱包材、名刺やビラ。 あらゆるものを積んだ車が、ようやくスッキリしました。

そして 最近写真を撮っていなかったので 独り煙を燻らせながら、久々にまったりと過ごしました。

花器です。 SAVでの制作の中で、初となります。 改善の余地アリアリです。 他の素材を足し、完成としようと思います。

墨貫入鉢です。 改善の余地アリです。 今回の販売会に向けて作った物ですが、 ちょっと気になるところがあったので出品はしませんでした。 我が家で使おうと思います。
ここからが 今回からスタートした、白マットシリーズ。 上品な?マットに仕上がり、なかなか気に入っています。 オフ・ホワイトなんですが、硬いようでそうでもない白味が良いと思います。

これに漆塗りを施したフタを載せようと思いますが そういった技術を持つ知り合いが居ないので… とりあえず、他の素材との組み合わせの研究として 自作のヘコいフタを作ってみようと思います。

これも然り。 フタを別の素材で作り、載せてみようと思います。
これもまた然り。 黒系がしっくりくるでしょうが…赤系も悪くないでしょうなあ。 と想像し、にんまりしてしまいます。
高台脇を茶色にした鉢。 自分が今まで作ってきた形の中では異質と言えるものでしたが 形にするとなんとも不思議と、すんなりと受け入れられる形であったので 今後もこういったフォルムの物を作ろうと思います。
そして花器。

なんぞこれ

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0