• SAC Bros. Company

伊賀


とんでもない大雪でしたね。 ちょうど車検で代車を借りていたのですが、あえての軽トラを借りておいて正解でした。 マニュアル最高。 四駆最強。

どうもこんばんは。motomanです。

さて 今回は先日の窯焚きの様子でも。

なんだかんだと窯焚きを経験させて頂く機会が増え 数えてみると…昨年は 12回 ほど焚いていたようです。 実に濃い 1年 だったと言えます。 薪窯の焼成理論もそれなりのレヴェルまで理解できていると思ってます。

これから必要な事、知りたいと思う事は 先ず窯詰めのノウハウと経験ですが、こればかりはなかなかアレなので…長い目で見ようと思っています。 もうひとつ大事な事は " 狙いと結果 " です。 突き詰めれば…もちろん窯詰めこそが大きなファクタではありますが それよりも どういった " 焼き " を目指したいのか、先ずは自分の好みを知るところがスタートラインだと思っています。

つまりは 沢山のものを観る事。 可能であればどういった焚き方をするのかを知る機会があるのかどうか。が重要なところで どういった焼きを狙っているからこういった焚き方をする。という 窯場によってそれぞれある、その方なりの理論と狙い ・ そしてその結果を自分の目で観る事で 私が今、人生の中で最も興味のある " 焼き " という行程の その深みにどんどん潜って行く為の大事な何かがある。と そう考えている次第です。

📷 今回お邪魔したのは、伊賀の新 学さんの窯場で 昨年の秋にひょんな事で一緒に窯焚きをさせて頂く事となり 次また焚く時に良かったら声掛けて下さい。とお願いしていたところ それが実現した。という話です。

伊賀で忍術ならぬ窯術を学んだ。というアレですね。

📷 今回は捨て間は焚かない。という事でしたが、 1100℃ 近くまでは上がるよ。 入れたいものがあればどうぞ。というアレだったので こいつァもったいねえ ! 好機 ! とばかりに 3日間 で作れるだけ作ったものを入れて頂く事にしました。 ほとんどぐい呑です。 2度目 の挑戦となる…黒楽が主です。

捨て間の窯詰めもやらせて頂きました。

📷 縁というものですね。 どういったわけか私が今までお邪魔し、実際に焚いた事のある窯場は伊賀 ・ 信楽焼がほとんどで お陰様でそういった類の焚き方には慣れています。 というよりそれしかシリマセン。

学さんの指示の下、主に夜中の番を担当しました。 どのくらいの温度帯で燠の量の調整はどのくらいで それはどういう理由があるからで…という 至極 丁寧な指示であった為、非常に焚き易かったです。

📷 苫米地さんも遊びにいらっしゃいました。 1月 の山木さんで開催された個展が観に行けず。で残念だったのですが たまたまその時の品を車に積んでらっしゃったので 皆でじっくり観させて頂きました。

お会いする事自体がほんと久々でしたが 色々なお話が聞けて良かったです。 人によって色々な考え方やスタイルがあるけれど、何より 作陶というものを楽しんでやってらっしゃいます。

厳しいっすわ厳しいっすわ。と念仏のように繰り返す癖を正そうと思いました ^^

📷 というわけで。 苫米地さんも焚いて下さいました。

学さんの窯に入れて頂いた上、苫米地さんが焚きをした品。という贅沢な小話を付加価値とし 沢山売れてくれれば良いと思います。 厳しいモンで。

📷 引き出しもやらせて頂きました。 火遁の術です。

いつもの黒泥のぐい呑です。 正面を決める為につけたチョボと貝目が、どうも…頬を赤らめた顔に見えます。 引き出して直ぐに水につけて急冷サせれば…表面に細かい貫入が入って面白いんじゃあないか。と試してみました。 水遁の術ですね。 が せっかく引き出してもらったんだけれど、黒泥だからあんま変化無いんだ。ごめんネ。的な顔に見えます。

事実…貫入も一切入らず、さして面白い事も特に無かったので 結局のところ。 引き出しならぬ…押し戻しの刑に処される事となりました。 この子に罪は一切無いのですけれど。

📷 最終日の朝。

夜の冷え込みがウソのように空は冴え渡り、ぽかぽか陽気でした。 学さんの読みでは夕方あたりに終了予定。 朝から少し仮眠させて頂きました。

泥のように眠る、泥の術です。 目を閉じれば一瞬で眠りに落ちました。

📷 まさかお茶が凍るほどまでとは…後で聞いたところ 気温が -6℃ だったそうです。 さすが伊賀ですわ。

その後、仕上げに入ります。

📷 ほんの数時間前、黒泥って引き出しても特に変化が無いのでおもろないッスね。という話をしていたに関わらず 小さな黒泥の花入に火遁の術をかけました。

うむ。 やはり黒泥に火遁の術は意味が無い。と確信しました。 2度 とやりません。 ありがとうございました。

📷 とは言えこの子が居なければ ヘラ目の入れ方を直々に教えてもらえる事も無かった。と考えると 私にとって良い機会を与えてくれた品となりました。

せっかく学さんの窯で焼いてもらえるので、伊賀焼らしいものをひとつ作ってみようかな。と さして研究もせず、今まで目にした事のあるものを頭に描いてろくろを挽いた次第ですが めっさ難しかったです。 こんな形を作って " 伊賀っぽいでしょう " とか口が裂けても言えません。

きちんと修行し直します。 何かすみません。

📷 無理から窯から引き出されたに関わらず、おもろないおもろないと絶賛されたこの子は 再度 窯の中に戻される事となりました。 出戻りの術です。 涙腺が緩みます。

さすがにいきなり 1300℃ に戻してやるのは可哀想だ。少し温めてからにしよう。と 暖を取る為に焚いていたドラム缶ストーブに投げ込まれました。 確かに窯の中よりは温度が低いとは言え、こんなところにいきなり放り込んで割れませんかね ? という話にもなりましたが どうせ窯の中に戻すのだから…この程度で割れるならどうせ割れる。と もう目も当てられません。

理には適っていますが無茶ぶりというやつです。 が この子は耐えました。 崖から突き落とされたライオンの子は、強くなって帰ってくるのです。

でも私は知っているんです。 私の使っている黒泥は。 さして窯変しない。と----------------------------------

📷 冗談はさて置き。 捨て間に 1つ だけ入っている学さんの花入に色付けをする為、少しだけ横挿しし 胴木の燠の高さを調節しました。

横についてじっくりと観せてもらいました。 こうしながらも、どういった狙いがあるからこういう事をする。と説明して下さるのは 本当にありがたい事で、とても勉強になります。

知識としてそれを学んだとしても、それが実際 結果としてどうなのか。というのも自分の目で確かめなければならない事で 明後日の窯出しが楽しみでなりません。 最後の燠の位置がどの辺りに持ってきておいたから…どういった景色がつくのか。 その画はしっかりと頭に焼き付けてあります。

📷 そして窯焚き終了。 無事に夜の番を果たす事が出来、ほっと一息です。

その後 裏山を少し掘らせて頂きました。 おもしろそうな赤土をゲットしました。 次に薪窯焼成に参加する機会があるのは… 3月 。 それまでに形を色々と研究し、何か作ってみようと思ってます。

大学の同級生のしぃも遊びに来ていて その後 風呂に行き、それはそれは美味い鳥までご馳走になり 至れり尽くせりの窯焚きでした。 ありがたき事この上なし。ってやつです。 お世話ンなりました。

取り敢えず。 明後日の窯出しが待ち遠しいです。 代車の軽トラは返しましたが、スタッドレス履いた車で伊賀まで突っ走ろうと思います。 それまで 妄想の術で気持ちを高ぶらせておこうと思います。

にんにん

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0