• SAC Bros. Company

写心

最終更新: 2月29日

天気予報で、雨の気は全く無かったのに

ここ最近 パラパラと雨が降ってます。

屋外作業が出来ないので

明日こそ頼んます。


どうもこんばんは。

motomanです。


昨年の終わりに差し掛かったあたりから、年明けまで

法事関係やら何やらで、何かと実家へ帰る事が多かった気がします。


その齢、94くらいのおばあちゃんがその都度

こういったものをプレゼントしてくれます。


陶器用の座布団です。


こんな色どうかなー思て作ったんやけど、どうかなあ。と

展示や販売をする時、少しでも見栄えするように。

という想いの在るものです。


今おばあちゃんがこんなん作ってくれてるから

あんた帰ってくるの楽しみに待ってるで。と

欠けたものや失敗したものなど、いくつかうちに残っていたものを使い

おかんがこういった写真を送ってくれます。


右のものは親戚のおばちゃんがくれた植物で、もうかれこれ長い間

過去に作った失敗作にすっぽりとはまっています。



何かお返ししよう。と考えていた時、ちょうど

キッチンの対面カウンターの上に、もひとつ植物を入れる為のものが欲しい。と言っていたので


正月に、こういったものをお返ししました。


受け皿もあった方がええかな。と

これまた

過去に作った板皿も抱き合わせで持って帰りました。


いくつかあったうち、これが気に入ったようで

今では実家のカウンターに居座っています。



伊賀へ戻ってから、おかんが

あんたのやつ、こんな感じなったで。と

これらの写真を送ってくれます。


何を思ったのか


下にレースの敷物を足し、見栄えするように工夫してくれたようです。


植木鉢の形が分かり易いよう、受け皿を外したショットも押さえておいたのでしょう。

まあ

この受け皿 浅すぎてあんまよーないで。と言っていたので

そもそも気に入ってなかったのでしょう。

ウケが悪かったんですね。HAHAHA


ついでに… もうワンショット、押さえてくれたようです。

別なものが植わっています。


色々と遊んでくれてるようです。



おばあちゃんが座布団を作ってくれるのも

おかんと

どんな色がええかな。どこで生地買えるかな。

今時、生地なんて売ってるんかな。

あそこ行ってみよか。

という相談から始まり

大きさこんなもんでええんかな。

よーわからんから色々やってみよか。

そういった時間の中、何を考えどう感じ

座布団作りに励んでくれたのかが目に浮かんできます。



植木鉢の写真も同様

おかんがどういう想いで

アングルを変えたり植物を変えたり

レースを敷いてみたり。

おばあちゃんとあれこれ言いながら、過ごした時間が垣間見えるようです。



何から始まるわけでない

らせん状に繋がる想いや、遊び心というものは

有難いものです。



ピントがズレてようが

角度がいがんでようが

一枚の写真からでも、心は伝わるものですね。


レースを敷いてようが敷いてまいが

そこはどうも変わらんようです

48回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

◯個展情報◯

田中元将・陶展「削り候え」

・会期:10/31(土)〜11/8(日)

・会場:ART SPACE IGA

 三重県伊賀市上野福居町3305

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0