• SAC Bros. Company

初心

最終更新: 2019年1月30日


驚くほどの晴天でしたね。 水面に反射する光が目に痛かったです。

どうもこんばんは。motomanです。

10月 は盛り沢山過ぎてテンションもモチベーションも上がりますが 迫ってくれば迫ってくるほどに キャンタマが縮みっぱなしです。

先日の台風で作業場のスロープが土砂崩れに見舞われていましたが 削りの写真から入りましょう。

何故なら ブログの記事を Twitter を介し、 Facebook にアップロードすると おそらくですが。 ブログ記事の 1枚目 の写真が Facebook 上に表示されるようで。

時々 制作内容を Facebook にアップしているもので 写真がかぶってしまうとちょっとアレかな ? という細やかな心遣い。 大人ですね。

今までと何が違うの ? と言われてしまったら…しばし閉口してしまいますが 初心に戻り 最近、削るタイミングに特に留意して削っています。

こういう削りをする時はこういうタイミングが良いなァ。とか 色々感じるところはあるわけです。

今回は硬い状態です。 カンナをしっかりと刃物として使っている感が強く、とても楽しいのですが このタイミングだとやりにくい部分が出てくるのも確かで 中間を採り、柔らか過ぎず硬過ぎず。というのが無難なわけですが それはそれで…ある特定の箇所を削りにくかったり。

しっかりと頭を働かせ、改めて削りというものを見つめ直そうと思います。

そういえば 抹茶碗の場合、茶溜まりが邪魔で削りにくい。といったような事を書いた事がありますが この手のものに関しては解決しました。 若干 兜巾め。 これです。

水指も削りました。

このくらいのサイズが一番好きかもしれません。

と、先に挙げた Facebook の都合やらなんやで話は前後しますが 先日の台風の影響で草がなぎ倒されていました。

入り口から駐車場まで上がるスロープはこんな感じ。 毎年の事ですが、山の上からの湧き水に土砂が混じり 側溝が埋まってしまい 脇に逸れた土砂混じりの水がスロープを覆います。

スコップでかき、ネコを使って土砂棄て場へ運びます。 ネコってアレです。 手押し車の事ですよ。

わかりにくいですが。 写真上が山側で手前がスロープ側。 側溝に水が入らず、山側のえぐれた部分を通ってしまっています。

流れてきた土砂で埋め、側溝に水が流れ込むように。

人は水のようなもので 低きところに流れてしまう。という話を聞きますが きちんと道を示してくれる出会いがあれば その限りではない。と もっともらしい文句で締めてみようと思います。

明日もせっせと土をコネコネします

0回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート