• SAC Bros. Company

初雪


今日はアレでしたねえ。

喜楽歩へ着き、遠方から通っているN澤さんは大丈夫だろうか…と思いながら教室へ入り 八田さんに おはよーございます。と言うと 不気味な奴やな ( 笑 ) と言われました。 ええ !? うむ… そういうコンペがあれば…賞金を獲得できるかもしれません。 情報 plz !

どうもこんばんは。motomanです。

ドライビング・テクニカルには自信があります。 どうやって身につけたか、また 運転に自信のあるという奴ほど危ない。なんて言いますが、そんな事はありません。 何故なら、自信の裏側に根拠と理論があるからです。 話せば1万文字を超えてしまいそうなので、教えません。

そんな私ですが、今朝の雪っぷりはあまりにアレで。 逆に燃えるぜ!と思ったんですが、この歳になって守りに入ってしまったのか… スタッドレスを穿いているおとんの車を乗って行け。という言葉に甘えました。

砂糖の類を降りかけられた、チョコレート味のケーキの類みたいになってました。
階段の雪を踏みしめ、どのくらい積もってんのかなー。と1枚。 5cm くらい?ですね。
樹氷ならぬ樹雪です。 何とも趣深いモンです。
喜楽歩の裏手にある木。 いつもこの木を眺めながら 空をバックに、無数の線が伸びている様が… 何かこう…感じるものがあるなあ。と思っていました。

今日は雪が降り、空がいつもより…より白味がかっていたせいか いつもの3倍は美しいなァ。と思いました。 これは…モカ・ウェアをやってみなさい。という…お告げでしょうか。

毎日決まった時間にいらっしゃる生徒さんも来ず。 昼前からようやく2名いらっしゃいましたが、何ともスロウな1日でした。

小さな電気窯を借り切っての制作をする、S谷さんに窯詰めを教え 窯の使い方を教え、昼飯を食い 体験の方の作品をキレイに後処理し、撥水剤を塗布し 塩ビ管を大量に洗い…あと何したっけな…

たまにはこういう日も良いですね。 いつもと違った時間の流れの中、のんびりするというのは。 初夏の土香る小雨の中、傘もささずに物事を考えながら歩いている時に似た感覚です。

雪を見るのは好きなのですが、やはり 早よ春来いやー。って思いますよね

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

2019

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0