• SAC Bros. Company

土鍋


今年は暖冬なんですかね ? 12月 まであとほんのわずかですが 有り難い事に未だ、さほど寒いとは感じません。

どうもこんばんは。motomanです。

ゆったりとろくろが挽けるというのは…素晴らしい事ですね。 パッツンパッツンの怒涛の日々が終わり、気を抜いている場合でもないのですが 精神的にのんびり。 制作というものを楽しめています。

とは言え やっておかなくてはならない事は相変わらず山積していて アレやコレやと、腰に負担をかけぬよう なんだかんだとこなしています。

身体はゆっくり ・ 頭はフル回転。と いつものようにバタバタしなくて済むよう、こうしてる間に 薪焼成で次にどういったものを狙いたいのか等、色々と考えを巡らせています。

匣鉢に入れ、モミで一杯にしたものを一の間で焼成したもの 良い感じに黒くなりました。 表面はメタリックな輝きが見られます。

前回と近しいデータを取る為、同じように匣鉢を入れておこう。と 特に新しい試みをしたわけではありませんでしたが、結果的には なかなかのデータとなりました。

逆面はこのような感じで もっと意図的に、局部的に低温の箇所を作れたならば 南蛮焼のような抜けが作れるんじゃあないか。と思います。

今日はこんな感じでした。 前回の一の間に土鍋を入れたのですが そういえば…耐熱用の土が未だ余っていたなァ。と思い出し この機に使い切ってしまおう。とひっぱり出してきて挽いてきました。

土鍋というものは色々とリスクがあり 手を離れ、無事に嫁入りしても…使い方が間違っていれば割れるもので 食卓がえらい事になってしまいますし、何より そのせいで火傷を負ってしまったりしたら…と思うと非常に怖いです。 焼成温度も低く、それ用の窯を準備しないといけない事もあり。 で ちょっとアレな類のアイテムで 依頼されても作らない。と決めている作家さんもいらっしゃるようです。

かく言う私も 今までに作った土鍋は…確か、わずか 2つ ほど。 シチュー鍋も 2つ ほどだったと思います。 それらのうちの幾つかは嫁入りしましたが、試しに使ってみて。と ごく身近な友人に譲ったものです。 万が一なんぞあった時でも、すまんかった。と言える人にしか渡しておりません。

とは言え 大きさもそれなりにあり 日本独特のものでもあるし、何より フタがついている。という 私のやる気をアゲアゲしてくれる形のものであるので 今日、持っていた土を全て使い切って幾つか成形してみました。

出来上がったものを…売る勇気は出ないかも知れません。 売るかもしれません。 知りません。

取り敢えず 別に作ったパーツをチマチマとくっつける作業がとても苦手な私に 取っ手を不備なくしっかりと付けられるのかどうか。

そこが最も大きな問題です

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0