• SAC Bros. Company

妖艶


又八に、手紙で会う日と場を伝えていた武蔵。 釘を踏んだ時に出来た傷も、膿が抜け 回復しましたが、それ以来 痛くはないのに 足を引き摺る癖がついてしまいます。

バガボンドでは植田 良平に斬られてから、足を引き摺るようになりますが… コレがソレなんですかねえ。

お通と城太郎、そして清十郎と小次郎も京へ入ります。 あ、あとお杉婆も…

遂に お杉に見つかってしまった武蔵ですが、又八から直に話を聞けば…誤解も解けるだろう。と 又八と待ち合わせしている場所まで案内します。 が、お杉が武蔵を信用しないので…又八が来るまでの間、縄で縛ります。 なかなか激しい話です。

まあ…小刀は振り回すわ…口から目潰しの針は吐くわ…とんでもない婆さんなので 致し方ないでしょう ^^

そこに現れた人影は --- 朱美でした。 城太郎から、武蔵から又八への伝言。と、武蔵と又八が会う日 ・ 場所を聞いていた朱美は 武蔵に会いたいが一心で、やってきたわけです。

自分の身に降りかかった事、又八には話していないから…ここには来ない。という事 また、武蔵への想いを…伝えます。

武蔵は当惑し、どうしたモンかと悩んでいると… 川の向こう岸で、こっちを見ている人影があります。 小次郎です。

これが武蔵と小次郎が…初めて相見える瞬間です。 遠くから見て… 「 こいつはできる ! 」 と感じたそうです。 小次郎は小次郎で 女に泣きつかれて…武蔵とは女ったらしか。わはは。 と去って行きます…

バガボンドの小次郎を知っているだけにか…原作の小次郎が好きません ^^;

これが初対面という事は、関ヶ原で会っていない。という事ですから これまた バガボンドと原作の違いですね。

しかも 朱美に泣きつかれている姿を…城太郎と お通に見られている。ってんですから… まったくドロドロしてます…

それを見た お通は、会う気力を奪われ…その場で泣きじゃくってしまいます。 今まで何の為に旅をしてきたのさ ! と、城太郎に 引っ張り出されますが…その頃にはもう、武蔵の姿はありませんでした。

武蔵に縄を解かれた お杉は、お通を見つけ こいつも許さん ! と、飛びかからんとしますが そこはいやらしい お杉の事ですから。 頭の中で策を練り、お通を許した態を取り 一緒に又八を探してくれ。と、お通と共に行動するようになります。

これにて " 火の巻 " が幕を閉じました。 今晩から " 風の巻 " を読みます。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は久々に、喜楽歩で作業をしました。 水挽きです。 📷まずはカップをば。 📷何故か…新しく仕入れた土の感触がとても良く 思うように奇麗に形に成るので…また悪い癖が出てしまい 色々な花器を作ってしまいました。

この右のやつなんて…よくまあ形に成ったなァ。と思います。 よくヘタりませんでしたね。頑張りました。

土の硬さが少し違うだけで、こんなに挽き易くなるものか。と その重要性を改めて思い知らされた気がします。 📷「 ろくろは " 張り " が命や 」

私が ( 勝手に ) 師と仰ぐ人の言葉で、その人は 妖艶な白磁を作ります。

色っぽいんですよ。 ああ。これはきっと女性だな。と感じさせる何かがあり それはきっと 女性にはとても優しい…その人の生き方…人柄が ラインに出ているんだと思います。

その人は、こうも言いました。 「 好きな女性の事を思い浮かべながら挽くんや 」

それはとても良くわかります。 特に…やわらかいラインを強く意識する時は 脳の 99% 以上が…とある女性の身体を思い浮かべています。

何だか ふいにそんな事を思い出し、壷が挽きたくなり… 四苦八苦しながら挽いてみたんですが 柔和な、張りのあるラインは欠片も出ませんでした…

修行が足りまセン。 📷と、まあ そんな感じで。 結局まともに作ったのはカップのみで 後は遊び心の赴くがままになってしまいました。

全く…成っちゃあいません

2回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0