• SAC Bros. Company

帷子

毎年この季節になると 冬はいつまでだったかな。と思います。 もうピークは過ぎたんでしょうかねえ。

どうもこんにちは。motomanです。

2008年 10月

鳥さんが謎なものを作り始めました…
直径3cmほどの円をひたすら切り取り。 適当な型に合わせ、組んでいきます。
半乾きになり、形が自立するようになると 型から外し、ただじっと乾燥を待ちます。
素焼き窯詰めです。
素焼き完了。 窯出しの途中の一枚。 この頃はまだ棚板がきれいですねえ…
施釉し、本焼き。 バラバラになるかと、少し心配でしたが なんとか形が崩れずに済みました。
高台はありませんが、一応?きちんと自立します。 これは堺まつりで、お茶の心得のあるおばさまが買っていかれました。 懐紙を敷いて菓子受けにすると言ってましたね。
マリオが出てきそうな筒です。 何に使うの?と言われると… ナプキン立てです。

意外によく出た気がします。

この月に私のつくったものの写真が一枚もなかったんですが… 何をやっていたのでしょう… おそらく整備の仕事が年末に向かって忙しくなり、てんやわんやになっていたのでしょう。

今日窯の温度が580度まで下がっていました。 明日の昼過ぎあたりには窯出しできそうです。 昨日紹介したものの焼き上がりはどうでしょう… 期待と不安を込め、扉を開こうと思います

1回の閲覧

陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

0カート