陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

徳利


昨日の晩御飯がカレーだったので 今日の晩御飯はカレーうどんでした。

何の違和感も無いセンテンスですが よくよく考えると…社会の一般常識として公認されているのが 不思議でもありますね ?

どうもこんばんは。motomanです。

削りと水挽きで あっと言う間に時間が過ぎます。

碗です。 ちょっとサクい黒土を使った物。
普段のそれとは 削る感じが結構違いますが、ガーリガリとイケちゃうので なかなかの快感です。

高台は躯体のラインと合わせ、丸く処理しました。

ちょっと変わった碗です。 熱いものを入れた際、アチチとなる事があります。

高台を高くしたらどうだろう。というアレです。

高さのある高台なので 高高台です。
碗です。
碗です。

碗ばかりです…

いや、早急に作らなければならないのは…碗じゃあないんです…

碗です…

久々に碁笥底にしてみました。 碗を碁笥底にすると、躯体全体のアウトラインを 柔らかい感じに仕上げる事が出来ます。

早急に作らなくてはならなくなったのが… 酒器です。

ぐい呑みを削りました。 面取り祭です。

底もナイフでシュッと切ったので、ちょっと傾いていますが 愛嬌ってやつです。

高台を削った後に面取りをしたタイプの物。

コレを作るにあたっては、かなり手が早くなりました。 慣れたモンです。

あと、小さなぐい呑みを幾つか削り 削り作業終了デス。
そして水挽き。 以前 作った花器の形を…徳利に応用できるんじゃあないか ? と思い立ち 色々と形を模索しました。
徳利を作るのは初めてなんですが。 結構ムズかしいもんですね。

高さのある物を挽く時、水をつけ過ぎてしまう癖があるようで。 水挽きの時の課題が、また新たにその首を擡げました。

ハト胸のハトに見えませんか ? 不思議なセンテンスになりました。

明日…もう今日ですが 新たに水挽きをし、削れる物は削ってしまいましょう。 カラッと晴れてくれると…乾きが早くて助かるんですがねえ。

では 完璧なまでに正常なセンテンスで締めくくりましょう。

眠たいので寝ます

0回の閲覧
0カート