• SAC Bros. Company

棚板


いやあ。 過ごし易い季節を飛び越え、少し暑いくらいでしたね。 明日の日中の最高気温は20℃だそうです。 釉掛けにうってつけです。

どうもこんばんは。motomanです。

📷今日は、先日注文したブツが届きました。 さっそくSAVへ運び、確認してみました。

しっかりと梱包されたこの荷物。 中身やいかに。 📷はい。 棚板と支柱です。

陶芸の窯はだいたい1280℃くらいまで温度を上げるので、 当然棚板もその温度に耐えられなければなりません。 これはカーボランダムという人工鉱物で作られており、 その硬度はダイアモンドに次ぐほどです。

加えて、アルカリや酸にも強いため、非常に安定した素材として 他ジャンルでも使われているそうです。 また、熱伝導率も非常に高いという。 陶芸の棚板のために生まれてきたかのような素材ですね。

とは言え。 私の窯のサイズにぴったりのものを新品で買うと、 一枚6000円近くします。 今の私には非常に厳しい値段なので… サイズは小さめですが、良さげな中古品を見つけたので この際に。と何枚か購入しました。 1枚あたり2000円だったので…まあ助かりました。

h395 x w395 x t12(mm)のスリット有り、両面アルミナ塗り替え済みでこの値段は 良い買い物をしたな。という感じでしょうか。

サイズが小さめですが、私のつくるものは高台が小さいものが多いので さほど気になりません。 棚板が小さいが故、熱のまわりも良くなるので 温度上昇が早くなります。 焼成時のコストパフォーマンスも少しは良くなるかと思います。

それに併せて支柱も色々なサイズを揃えようか。と これまた中古の品をいくつか購入しました。 📷というわけで。 早速素焼きに使ってみました。 棚板と窯の内壁との間がやけに広く感じられます。 まあこれで温度を上げる際、”攻め”易くなるので楽しみですね。

大鉢5つとてんすけさんのつくったものを入れました。 今日は時間がちょっとアレだったので、明日の朝イチに素焼きを開始します。 今日のところは窯詰めだけですね。

私が棚板を購入したのはこちら。

大幸セラミックです。

サイトがとても見易く、中古品の更新も結構頻繁にやっているようです。 送料も分かり易く記載してありますし、 発注時と発送時に、自動送信ではないメールのやりとりがあるので 相談や確認が取り易い。という点も大きかったです。 電話での対応時も、業者業者した感じがなく 気楽に少し話のそれた事に関しても、相談すると応えてくれました。 そして(私が調べた限り)どこよりも安い。

オススメできますね。 あと、中古の支柱をオマケしてくれました。 あざす。

いやしかし。 55kgあるこの荷物を車から降ろす際、 腰をいわした気がしないでもないです。 私の体重が55kg。

同じやないか

3回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0