• SAC Bros. Company

極渋


尻に点いた火が背中を伝い、うなじのあたりでチリチリと毛髪を燃やそうかとしております。

どうもこんばんは。motomanです。

今日は朝から喜楽歩へ行き、穴窯で焼成をお願いする品を置いてきました。 今週後半から窯焚きです。

その後、鳥さんと一緒に 北野田で開催中の 井倉幸太郎 陶展 ~白磁、青白磁、影青~ を観に行きました。

ご本人の在廊日ではなかったので、写真は控えておきました。 ギャラリー百音さんのリンクを貼る事で解決。 という事でここはひとつ。

DM の写真に使われていた花器が、私の好みパッチシで かっちょ良かったです。 最近 私も高台の幅と高さ、腰から口縁にかけてのアウトラインをあれやこれやとする事で 浮遊感のある形を模索してみたりした事がありましたが それに通ずるヒントを頂いたような気がしました。

あと マニアックな視点でアレですが サインの " 幸 " の一文字の彫り方が なんかこう…グッとくるものがありました。

しかし 青磁 ・ 白磁は良いですねえ。 やってみたい。と思っていながら黒土との出会いがあり そっちにいっちゃったままで…未だ手をつけれていません。

落ち着いたら取り組んでみようと思いマス。

その後、新町は wad へ向かい 平岡 仁 展 ~Masashi Hiraoka Exhibition~ を観に行きました。

私の目を最初に奪ったのはこの品で、 FB にも書きましたが 大人の男。という印象を受けましたね。

肩に力が入っていないと言いますか すっくと立っているのですが、どこか余裕を感じさせると言いますか。 大人の為の THE 湯呑み である。 と、品に自己紹介された感がありました。

📷 次に私の好みドストライクだったのがこの品です。 板皿ですね。

私が勝手に受けている印象なので恐縮ですが、仁さんの作品は フォルムは柔らかいのに、芯がある。という意味で…バシッと締まっている。 という一貫性があるように思います。

人となりが存分に表れているんでしょうかねえ。 雰囲気は柔らかいけれど、考えがはっきりとしていて 意外に頑固そうな ?? 作り手のこだわりたい部分と カを抜いて楽しんでいる部分とのバランスが 品にそのまま出ている気がします。

📷 濡らすと色味が深くなって良いんですよ。と その場で実際に見せて下さいました。

右側の濡れた部分に、さらに多くの色と表情が見て取れます。 右手前の黒い部分なんて…もはや宇宙ですよ。 宇宙。

私に財力というパワーが備わっていれば…即買いだったのですが 貧乏神に取り憑かれている私が、どうしようかと迷っている間に 現地で待ち合わせした、私の作業場 唯一の生徒さんである Rさん に買われてしまいました…

F○ck

いえ、すごくお手頃なお値段なんですけれど 私の財力が貧弱過ぎてアレだった。という話です。

F○ck

📷 こんなでけー皿が…薪窯でこれだけ歪まぬまま焼き上げられるものなのか。と思えるほど 歪みの無い、それはそれは大きな板皿もありました。

隅に見られるコゲの痕が良いですね。

📷 ろくろはもちろん、タタラもされるし手びねりもされます。

私も最近、手びねりをしてみたのですが 手びねりならではの良さ。というものがどうも掴めません。 近々販売してみるので、受け入れられる品なのかどうかは まあ その時にわかるかもしれませんが まだまだわかってねえなあ。と感じます。

📷 以前 陶ISM に参加した時に、まじまじと手にとって仁さんの品を見せてもらったのが初で その時に私の目を惹いたのが、肌が微妙にメタリック調に光るものでした。 躯体よりも鉄分の強い共土を塗布して焼成したものだそうで それはそれはかっちょ良い品でした。

今回もそれに近しい品がありました。 還元度合いによってこれだけ違いがあります。と 幾つか並べて見せて頂いたのですが、不思議なモンですねえ。 微妙な焼きの違いでこれだけ変化が生まれるものなのか。と感心しました。

荒く爆ぜた部分をゴリゴリと研磨し、この肌合いが出るようです。 写真では伝えきれませんが、ビビッとシビれた一品でした。

📷 wad に来る度に恒例になってきた気がしますが せっかくなので…記念撮影しました。

仁さんが主役なので真ん中にどうぞ…と言いつつ 脇役が 2人 して一歩前に出てしまった。という なんとも残念な 1枚 でした。

📷 wad へ来たからには、お茶せずにはおれません。 オーナー小林さん自らが茶を点てて下さいます。

前に頂いた抹茶ラテが美味しかったので、次来た時は別な物をたのもうと思ってはおったのですが 結局…ラテってしまいました。

次こそは。

📷 鳥さんが注文したのは氷です。

まさかまさかですよ。 こんなにも荒々しい…器で出てくるとは思ってもいませんでした。 しかもこれが景色としてしっくりきているものだから。 扱う人のセンスってすごいもんだなあ。なんて感心しました。

作り手としても、こういう使い方をされると嬉しいですよね。

📷 その後 夕方に帰宅し、すぐさま作業場へ行き ひたすらろくろ挽いてました。

磁器ものと薪焼成ものと 一般的には対極視されるものを観て、手に取り それぞれに違った印象を持つも 自分も自分なりの美というものをストイックに追わないとな。と 良い刺激を受けた一日でした。

観たものがあまりに渋かったので 勝手に若干の敗北感を抱くあたりが 私のネガティブ

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0