• SAC Bros. Company

炎上


今日は久々に雨が降ったかと思えば ものの数分ですぐに止んでしまい。 この暑さがいくらかやわらぐかと期待したのものだが… まだしばらくは暑さが続くようです。

どうもこんばんは。motomanです。

先日…高架の上を走行中、視界の先に黒い煙が立ち上っていました。 よくよく見てみると、前方がメラメラと燃え盛っていました。 んん?あの先は… 私が走行している高架と、そのさらに上に跨ぐ形で高速道路が交差している場所じゃあないか。と思い出し まさか?まさか?と車を走らせる事数十秒。 そのまさかは的中していたようで、 高速道路の防音の為のアクリルの壁のすぐそばで 大きな大きな炎が立っていました。

一瞬考えました。

私はいつも、思い切って購入したデジカメを持ち歩いている事が多いので… 車両が火を吹いて燃えている様を、写真に撮ろうかと思ったのです。

これは起きたばかりの事故に違いない。 私が走っている道路上のパトカーはたったの1台。 高速道路上にパトランプは一切認められないという事を見てもそれはほぼ間違いない。 これは…私は今まさに、たまたまアクシデントに出くわした記者じゃあないのか? という思いが頭をよぎり… 車を脇に寄せ、激写しようかと思ったわけです。

でもまあそこは、ザ・面倒くさがり屋。 そのまま車を走らせ、スルーする事にしました。

帰りに同じ場所を注意しながら走行すると 高速道路上に消防車を3台視認。 その他のパトランプの数は5・6個。 姿の見えなくなった炎と、高速道路から降ってきたであろう消化剤の跡。

どうやら数分足らずの間に鎮火したようでした。 その後すぐに見えたのは、

高速の下を交差する高架の脇に停められた4台の車。 そのどれもが、いわゆるワンボックス・カーで 駐車車両のリア・ウィンドウから見えた ( おそらく機材であろう ) 大きな荷物の影 駐車車両のそばに人影が見えなかった事 ( つまり、高架の上の自動車専用道路であるに関わらず運転席にも助手席にも人が居ないのは不自然である ) 駐車車両のどれもが全て、きちんとハザードを点けていた事 ( 報道関係者は不必要な厄介事に敏感である ) その駐車車両の車種 ( 具体的に言えば…ノアやヴォクシーの類ではなく それらよりフットワークと運搬能力に優れたデリカやハイエース ) これらが導き出す答えは…事件・事故に敏感な記者である。と判断しました。

私が燃え盛る炎を後にし、ここへ戻ってくるまでほんの数分。 つまりは 記者が炎を写真に収められた可能性は低いと言えそうでした。 高速道路上での車両火災がどれほど起こるものなのかはわかりません。 よって… その、炎上する車両の写真にどれだけの価値があるかは判断できませんでしたが… これはネタとして金になったかもしれん!と思いました。

んが、 私は粘土をコネコネする人間なので、それによって発生するお金で生きていくのが筋ってもんです。 それ以外の収入は私の生き方に反するのである!と思い、 ニヒルに自分の生き様を再認識しつつ、煙草をふかしながら格好良く帰りました。

どうですか。 この素晴らしい洞察力を持ち、一瞬で多岐に渡る可能性を考え抜き 火災の起きた車両の運転手は無事だったのだろうか。と危惧する優しさをも持ち合わせ 結局は自分の生き様を貫くニヒルな私。 世の女性方。 いかがですか。

その後色々と考えてみましたが 4台の駐車車両に人影が見受けられなかったという事は あの高架上の自動車専用道路を徒歩で現場を目指した可能性が高いという事。 その前後に徒歩の人影は見当たらなかったので、 徒歩でそれだけの距離を移動する時間があった。つまり 私よりも先に現場に居た可能性が高いと、思い直しました。

さらに言えば その高架は”のぼり”と”くだり”が全く別の高架となっている為、 のぼり方面から来た私に、くだりにすでに停まっていたかもしれない駐車車両が見えたはずもなかった事。 高速道路上にはパトランプが見えなかったものの 私が通りかかった時には ”たったの1台しかパトカーが居なかった”のではなく ”すでに1台パトカーが到着していた”事。 現場を離れたほんの数分のうちに消防車が3台も到着、鎮火していた事。 私が記者であろうと判断した車両ですら”すでに4台も”到着していた事。

これらから察するに…

起きたばかりの事故ではなく、 警察・消防が駆けつける寸前に私が通ったのではないか。と考え直さざるを得なくなりましたとさ。

日常の中で、稀にその姿を恒間見せる非日常。 自分だけが特別なものを目にしてしまったのではないかという、ある種の高揚感に盲目になり 大きく判断を誤ってしまったようです。

どうですか。 この、自分の非を認める潔い私。 世の女性方。 いかがですか…

いやしかし。 この判断の精度を上げていけば その道で食っていけるかもしれない…ッ! 陶芸 + 事件 = 火曜サスペンス 組み合わせが王道ではありませんか。

できれば湯けむりと乳ポロリを歓迎したいところですが… まあ。 まあ、ね…

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0