• SAC Bros. Company

目標


今日は休日出勤。という事で 光明池の、とある幼稚園へ講師のN澤さんと2人で出張してきました。

どうもこんばんは。motomanです。

約80名もの園児に囲まれ…卒園制作として、鉛筆立てを成形しました。 方法は、ごくごく簡単な…ペットボトルを型にしたタタラ成形で それに粘土を貼り付けたり、スタンプを押したり文字を書いたりした物です。

感想はただ一言。 子供ってこんなにかわいいもんでしたっけ…って感じでした。 きちんと座って話を聞き、教えられた通りにわいわいと制作する姿が 実にかわいらしかったです。 昔は皆、素直だったのでしょうか。

そういえば少し前、喜楽歩の生徒さんに 「先生おでこにたんこぶできてますよ」 と言われました。 「いや、実はコレ 幼稚園の時にジャングルジムのてっぺんから落ちた時のアレです」 と応えました。 「そんな昔のたんこぶが残るもんなんやねえ」 と感心?されました。

その時、ジャングルジムに登っていなければ てっぺんで阿呆みたいに立ち上がって喜んでいなければ このたんこぶ痕は無かったのでしょう。

過去にそういう事があったから、今このおでこにたんこぶ痕がある。という 実に明快な事柄ですが、ちょっと考えてみると不思議な気もします。 あの時こうしていれば…なんて、過去を振り返る事は誰しもあるでしょう。

で、

ちょっと色々と考えてみる事にしました。 テーマは 私が何故 貧乏であるか! です…

おととしの10月に自動車整備工を辞め、陶芸一本で生きる道を選びました。 早いもんで…もう1年と3ヶ月が過ぎた事になります。

去年1年の主な活動は 手づくり市の参加、つまり出稼ぎに行った事 いくつかのグループ展に参加した事 初個展を開いた事 喜楽歩でアルバイトを始めた事 と、まあこんな感じです。

整備工として働いていた時の目標はただ1つ。 窯やろくろや土練機などなど…設備と制作環境を整える為のお金を貯める事でした。 4年もの歳月を経て…ようやく資金が貯まり、今に至るわけですが 思い返せば…去年の目標は何だったのか。という点が非常に不透明で そういえば、具体的な目標を立てていなかった気がします。

良い物を作って売る。 ほんと…たったこれだけの事なのですが、これだけの事が難しく。 随分悩みました。 作っている物がうんこだから売れないんじゃあないの。だとか 売る場所も考えねば。だとか ターゲットはどの層だ!だとか 色々と考え過ぎて…結局何を詰めていけば良いのかを見失っていた気がします。

まあ…随分と無駄な時間を過ごしてしまった感も否めませんが それによって見えてきた部分がある。という事も確かで 少しは”らしく”考えれるようになってきたかなあ。と思っています。

そこで

今年1年の目標を具体的に決めなければならないな。と思ったわけで。 基本的には 良い物を作って売る。という事ですから まずは…良い物を作らねばなりません。

ここらへんに関しては 去年1年、あんな物やこんな物を作ってきたおかげで 発想の回路が随分鍛えられてきた感はあります。 最近は専ら”デザイン”という言葉について考えていますが、長くなりそうなのでまたの機会にでも。

まだまだ…これぞ俺が作ったモンやで!という領域はほど遠い気もしますが ある程度は…向かう先がちょろっと見えているようなので そこらへんを突き詰めて行き、良い物を目指そうと思います。

売る。という事に関しては… 今年の目標。 ここへ行けば私の作ったモンが置いてます。と言える場所を開拓する事。です。 文章にすればサラッと言えてしまいますねえ。

具体的には 陶器専門店に売り込む事で、常設してもらえる店舗を増やす事。 ギャラリー兼ショップも含めます。 となると…そういったお店の情報を集める事が必要になります。

あとは個展です。 これまた、何処でどんな風に開くのが効果的であるのか。という事を念頭に 会場を選ばなくてはなりません。 今のところ…アソコかアソコでやりたいなあ。なんて思っています。

三十路に入ったんだから…作品に対してもそうですが 売り方・見せ方のスタイルも確立していかないと 早々に自分の作った骨壷に入らざるを得なくなります。 頑張ってください;;

今年はこの一言をテーマに過ごしてみようと思いマス 📷

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0