• SAC Bros. Company

穴窯


先々週からアルバイトをしている喜楽歩で 現在 穴窯焼成中です。 主催者 八田 亨さんのブログ : kirakupo と併せてご覧になられると…面白いかもしれません。

穴窯を焚くのは初体験で、私の事ですから。 前もって調べていくより、直に体験した方が覚えるには良いんじゃあないの的な いつもの楽観的なアレで突入したので… これから書く内容に誤りがあったりすると思いますが まあ軽くスルーしてやって下さい。

どうもこんばんは。motomanです。

昨日は朝から SAV で素焼きの窯詰めをし、スイッチ・オン。 夕方から喜楽歩へ向かい、穴窯の当番をしに行きました。

初めてだらけなので少し戸惑いましたが、喜楽歩 講師のNさんに色々と教えて頂き とりあえず…焚いてみる事となりました。 📷6時から窯焚き開始で、私が到着した18時には 790℃近くまで上がっていました。 📷焚き口です。 上部のフタを上げて薪を投げ込み、下部の穴から空気を取り入れます。 📷野焼き 穴窯 登り窯 と進化してきた窯ですが、共通しているのは…薪を燃やすという事です。

膨大な量の薪を使う為、コストが非常に高くつきます。 そこで…比較的温度の上がり易いうちは、廃材などを使用します。 杉の廃材を投げ込み、温度を上げていきます。

800℃近くまで上がったので… 2 x 4 の米松に切り替え 木蓋という炊き方に変えました。 📷薪を入れた直後は 強還元状態になる 焚き口から外気が入る 等の理由により、温度が少し下がります。

還元状態が終わると、黒煙が徐々に白くなり…正常な状態での燃焼に入ります。 熱が蓄えられ、徐々に窯内の温度が上昇します。

この窯のこの温度帯の場合、

薪を入れる ↓ 還元状態で温度が2~3℃下がる ↓ 酸素が供給され、酸化状態になり…7~8℃昇温する

の1クールを繰り返す事で、徐々に温度を上げていきます。 1クールがだいたい8分ほどですので… 1時間で約50℃ほど上がる事になります。 📷高温になってくると松に切り替えるのは、オイルの類であるヤニを多く含む為だそうで 米松に切り替えたのはそういった理由です。 📷木蓋という焚き方は 薪で焚き口を塞ぎながら焼成する事で… ええと…確か… 外気が入るのを防ぎながら… 火前 ( 焚き口のすぐそば ) にある作品に常に火をかけられる…というアレです。 そんな感じです…

突っ込んだ薪が半分ほど燃えてしまったところで押し込み、 それらが燃焼するのを待ちます。 燃え終えると、落とし込みます。 📷左右に各2本ずつ薪を投げ入れ… 📷また木蓋です。

この繰り返し繰り返し。 徐々に温度を上げていきます。

23時に帰路につく頃には、1000℃近くまで上がりました。

私の作品は入っていませんが、早くも焼き上がりが楽しみです

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0