• SAC Bros. Company

脇差


菊練りする度に左手を痛める私は よほど 陶芸家とはほど遠いところに居るんだろうなァ。 なんて思います。

どうもこんばんは。motomanです。

やりたいと思える事が増え その為にはお金が要る事が明確で、頭を悩ませる。 そもそも 生活ベースすら危ういというのに、である。

2人 の身近な陶芸家が、私を見てこう言う。

既に手にしている武器を、自信を持って振り回せ。 その一方で 2本目 の刀を研ぎ続けろ。

目標に向かう為の手段としての武器も必要だ。と一方が言い どうせ世に馴染めない身なのだから、独行道を往け。 ただし どの武器を何処で振るうのかを見極めろ。と一方が言う。

どちらの言葉にも愛を感じ、どちらの言葉も私の性格をよく踏まえているので ベクトルは違っているが、どちらも正であると言える。

思えば どちらの言葉も説得力で溢れているのは 私に投げ掛けた言葉通りの事を、 2人 共々が実践しているからである。

私は自分の事に興味の無い人間で、たいした価値も無い。と、常々感じている。 これは性格というもので、如何ともし難い。

が せっかく産んでくれたわけだから、毎日が充実している方が良い。と 貧乏性な発想で、そう考えている節もある。 これも性格なので、如何ともし難い。

理想の環境を整える為にはお金が必要なわけだが そこへ向かう道中も どうせなら楽しく… 共に活動して楽しいと思える、そういった 愛のある言葉を投げ掛けてくれる人も居るわけだから 何となくそれなりにやってみようかな。と 思ってみたり思ってみなかったりする今日この頃である。

そんな中、新作のテストが焼き上がった。 改善点は多々あるが、大筋はこれでいこうと思う。

いや、なんでコッチ方面来たし。 潰し合ってどうすんの ^^; と、マジに怒られた。

私が真面目に研いだ脇差は何処へ行くのであろう。 販売する場を彼と違ったところにすれば良い。と考えていたが 月末に彼と潰し合う事になりそうである。

恩を仇で返すとはこの事である。

アイヤー

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0