• SAC Bros. Company

腐海


作業場 SAV には沢山の生き物が生息しています。 その大半は虫類と爬虫類くらいですが たまに哺乳類も現れます。

どうもこんばんは。motomanです。

屋外でイノシシとタヌキは見た事がありますが 屋内で哺乳類を見たのは 2度目 です。 かわゆいネズミです。

前に見た時は 親ネズミの尻尾をくわえた子ネズミの尻尾をくわえた子ネズミの尻尾をくわえた子ネズミの尻尾をくわえた子ネズミ という一家を見ました。

ああ。ついに哺乳類までもが進出してきたなあ。 私の居場所がどんどん侵されていく…と思ってました。 その後、作業部屋にネズミのフンがちらほら見られるようになり ガチで住み着きましたね。と感じたものです。 📷先日 水挽きしておいた皿を削りました。

さして大きくないのですが、何故か二重高台が好きで… 📷見込みもシュッと削りました。 さあ どんな感じに仕上がるでしょう。 📷 その後 背の高い片口を挽きました。

時々 アブが部屋の中を飛び回っては バチッバチッと、壁に激突する音が聞こえますが 今日聞こえた音はカサカサ…でした。

カサカサと言えど、結構 重量を感じさせる音で 何ぞ !? と思って目を見張ると 栗色のネズミと目が合いました。 📷大鉢です。

何がショックだったかって こちらは久々の哺乳類に驚き、思わず 2度見 したんですが ネズミは私を 3度見 しやがったんです。

いや、ちょっと待て。と 驚いたのはこっちだぞ。と 君より 32周り くらい大きい私に今気付いたのか。と。

先に目を逸らしたら何か負けが確定するような気がしたので 手探りで煙草を手に取り、火を点けました。

ネズミまでの距離、 約2m ほど。 私が大きく動くと、それに反応して逃げてしまうかもしれない。 それで 先にあっちが目を逸らした ! と言い張るのも大人げない フェアじゃあない気がしたので ゆっくりとろくろの前に座り、見つめ合っていたのですが。 📷その他色々挽きました。

この栗毛のクリちゃん、肝がデカいようで 私を凝視したまま動きません。 3分 ほど経過したでしょうか。

つぶらな瞳が愛らしくて、熱のある視線が何か恥ずかしくなってきたので 煙草の煙をふぅぅぅぅぅぅっと飛ばしてみました。 鼻をクンクン動かした後、ウォーズマンみたいに口をカパッと開け 一目散に逃げて行きました。

勝った。

蜂の巣を駆除したらネズミ。 もう何か そのうちアナコンダがとぐろを巻いていたりする日も近いのかもしれません。

私の作業部屋は腐海のようです。

明日 作業場の扉を開けるのが怖いです

1回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0