• SAC Bros. Company

蛇足


むう… 蒸し暑い…

どうもこんばんは。motomanです。

暑い暑いと思いながら 釉掛けをしました。

小さなヒビやキレが無いかを確認しながら 削りカスが付着していないかを見ながら ああ。 水挽きをする時にこうすれば良かったな。などと 過去の仕事を振り返りながらの バリ取り、検品作業です。

チェックし終えたら 細かい埃や削り粉を エアーで一気に飛ばします。

今回のデザインはこんな感じで… 形状によって塗る場所を変えています。
今回用いた顔料の色味は2つ。 焼き上がりは…こげ茶色と藍色になります。
顔料を吹き付けた後、 今回初使用となる 白味の釉薬を吹き付けました。
富士山? カキ氷? そんな感じになりました。
平鉢2つは どうしてこうなったのかわかりませんが… 思いつきで 黒と深緑を掛け分ける事にしました。

焼き上がりはおそらく… うん… 想像した通りに奇麗に焼きあがれば… ニューヨーク的な感じになると思いますよ!!!!

全てに掛け終わる頃には陽が…
窯詰めをして スイッチ・オン。

赤の数字が現在の温度 緑の数字が目標温度です。

明後日の焼き上がりが楽しみ… ちょっと不安はありますが 楽しみです。

いや… 結局釉掛けを終えた後に もう一手間加えるか。と 口縁に黒味の釉薬を塗ったのが… 蛇足になるかもしれないな…

っていう

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0