• SAC Bros. Company

身形


なんだか急に肌寒くなったので スキンの色を変えてみました。

どうもこんばんは。motomanです。

私は本当に… 生まれついての面倒くさがり屋である上に出不精であるわりに、 一度家を出ると…この機に何かついでに出来る事は無いか。と考える性質で 100均に行っただけで帰宅するのも何か癪だ。と思い 行き着けの服屋へ向かいました。 もちろんユニクロです。

自動車整備工をしていた時からお世話になっている ヒートテックを1枚買い 期間限定と書かれ、何やら異様に安くなっていた ヘンな素材のブルゾンを1枚買い、終了。

万年ジーパンとユニクロTシャツで過ごす私なので いや、これからは人の目に触れるところに出る機会が多くなるはずだ。という 希望的観測を多めに盛り込んだ理由をつけ、 小奇麗な服も買っておかなくてはならない。と思い込み ちょっと値が張り、ちょっと良い物が置いてあるであろうところへ出向きました。

出不精な私が、ここまで思い立った時点で御の字。 されどミナミまでわざわざ出向くほどの甲斐性はありません。 ピリッと小気味の良い、お洒落な物が欲しいな。と思いながらも なるべく安く、そして家から近く!と考える時点で 私は一生お洒落さんになれない気がします。

とは言え。 いつまでも一張羅が…古着屋で買った500円のシャツというのはちょっと不味いので。 本当は古着屋へ行きたかったのですが、そこはそれ。 地元にお洒落な古着屋なぞあるわけもなく… 結局はRight-onに行き着きました。

そこで目についたのがこのパンツ。 最近ではズボンの事をパンツと言うそうですよ。 従来のパンツの立場がありませんね。 📷なにやらヘンな加工がされているようで 表面が微妙にテカっています。 中学生の学ランを彷彿させます。

色とフォルムが気に入って買ってしまったのですが よくよく考えたら…これから冬になるし 第一こんな派手な色なんて穿いた事が無いので… 上に何を着て良いのかさっぱりわかりません。 着こなしスキルが足りない事に気がつきました。

焦った私が考え抜いた末がこちら。 📷懐かしいコンバースのハイ・カットです。 マジに違う会社が作ったのか。と思えるほど、そのデザインが酷似したVANSの靴がありましたが ソッチは布でコッチは皮です。 値は2倍ほどお高くなりましたが、 パンツのテカり具合を考慮するに、皮の方が合うんじゃあないか。という 私なりのガンバリ具合を自分で評価し、これに決めました。

1つが決まれば次にまた選択肢が待っているという… 全く世の中はどうしてこうも煩わしい事ばかりなのでしょう。

私が所持している物は大抵、黒・灰色・紺の3パターンのみで 下半身は決まったものの、この上に何を着るべきなのか お洒落Newbieなりに色々と考えました。

こういった時に足枷となるのが、私が物を作っている人間だという事です。 つまり…身なりひとつとっても 私のセンスが目に触れるのではないのか!という強迫観念に襲われるので もうすでに決定した下半身はどうであれ…上に何を着るかで評価が大きく変わります。

お洒落な奴ァ シャツを奇麗に着こなすものだぜ。と思っているので 白いカッターシャツを手に取ってみましたが 素材が気に入らず、断念。

まあ ちょっと濃い目の灰色あたりでいいんじゃねえの。と、早くも妥協し 手持ちの灰色パーカーがあったなあ。と思い出したので そそくさと帰宅しました。

結果。 白いシャツは買わなくて良かったな…と思いました。 何故?ってそりゃ… 白いシャツに白い靴。 奇麗な青いパンツとくれば 📷こうなっちまうだろう? パンツと同じ色のジャケットとネクタイが揃えば 彼になってしまう。

いくらお洒落になりたいとは言っても 彼を超えられるはずは無いでしょう。

っていう。

とりあえず お洒落 = やすし このあたりから変えていきます

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0