陶芸や写真を通じ世界中の人々にヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え、2019年12月から本格的に活動を開始したユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • SAC Bros. Company

近況


ヤフオクで購入したものが届いていました。 ドキドキします。

詳細は…後日にでもまた。 嬉しい。

どうもこんばんは。motomanです。

焼成してみない事にはアレだけれども 成形に関して言えば。 谷口製土さんのこの磁土。

相性が良過ぎてテンションが上がります。

先日 紹介したものと同じよう、パーツを削ります。

土台も削って

カポッと嵌めます。

でっけー丼じゃあないですよ花器、 2つ目 の成形完了です。

嵌める。と言えば 最近 色々な成形方法をしています。といったような事を書きましたが これがハマってます。

ろくろの前で一日を過ごす事がほとんどでしたが 色々な事を並行する事で 飽きがこない。と言うか 精神的にも良いペースでものづくりが出来そうです。

刳りのものをやってみたり。

同じ作業をまとめてこなした方が効率は良いのでしょうけれど 私には合わないようです。 集中力が途切れている感は無いのですが のんびりとし過ぎていて、無駄に作業場に居る時間だけが長くなっていたようです。

別の作業をする事で気分転換になるのか 煙草をくわえる回数が随分と減った気がします。

先日 成形し、ある程度刳っておいた茶盌を仕上げました。

今回はこういった感じになりましたが、色々と気付いた事もあるので 次回に活かせれば良いな。なんて思っています。

全体的に寸胴で 高台周りを思いっきり刳ったものにしましたが その形状の特性上、どうしても重みが残ってしまいます。

重厚感が欲しい。とは思っていましたが 重厚感と 実際 手にしてみて重い。というのは雲泥の差です。

持ってみてハッキリと重い。という感じでなく 飲む時に傾けてみると…若干 違和感があるような気がしていますが 乾燥段階でもあるし、まあ 焼いてみてからどこを改善すべきかを判断してみようと思います。

珍しく来客があり ろくろを挽いているところを見せて欲しい。と以前から言われていたので じゃあこの機会に。と こんな感じのものを作ってみました。

ちょうど 使ってみよう。と思っていた、初めて扱う土があったので それで何となくやってみましたが ちょっと私には柔らか過ぎました。

が 柔らかいなりの挽き方ってのもあるもんだ。と解ったので 良い勉強になりました。

大壺のその後は…こんな感じになりました。

昨日 形が気に入らずでやり直し 三歩進んで三歩下がったわけですが 今日は一応、前進出来たようです。

ものすごく微妙に左右非対称にしてみましたが…どうでしょう。 あとは口元をどう処理するか。ですが ちょっと乾燥させてからの方がやり良いだろう。と 明日 仕上げる事にしました。

しかしまあ 脚が長過ぎてキモいな。とか思い始めてきたので 足元をゴッソリと切り やり直すかもしれません。 やらないかもしれません。 わかりません。

さァ どうなるんでしょうね

0回の閲覧
0カート