• SAC Bros. Company

近況


コンビニで高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違い、店内に突っ込み 死傷者が出た。とラジオニュースで聞きました。 いたたまれない話です。

私は今日、釣具屋へ行こうとし 気付けばゴルフ用品店に突っ込んでいました。 痛ましい話です。

被害者が自分で 加害者も自分だったのが唯一の救いです。

どうもこんばんは。motomanです。

今日も何かと移動の多い日でした。

伊賀土を使い、このような花器を作りました。 その時の解剖図です。

焼き上がりがとても白く、耐火度が非常に高く 刳ったり削ったりすると、石が走る様子が面白いこの土。

思えば…もう 1週間 切ってますね。 金沢で焼成する予定の品に使ってみようと思い この土を使って色々とやってみました。

正面を決め、ワイヤを入れます。 アウトラインを決めてかかるわけですが、手数が多過ぎる嫌いがあります。

これからの課題ですね。 なるべく手数を少なくし、勢いが出せれば良いな。なんて思ってます。

表面を薄く薄く削ぎ その時に出る…もちょもちょを押さえつけ こういうのも景色になるんやない ? と 何となく試してみました。 正面にだけ付けておきました。

足元に彫りを一線。 釉溜まりになってくれれば良いのですが。

口縁もゴッソリと削りました。 切り面が真っ直ぐだと面白そうにないので 凹凸になるよう。

これまた 良い釉溜まりになって欲しいので 切り面の真ん中が低くなるように削ってます。

同じ土で抹茶碗もやってみました。 乾燥が進み、内を刳り抜けるようになるまでに 高台の形を考えておこう…と考えてましたが いやほんと。 高台って難し過ぎてあきまへんわ。

結局のところ このようになりました。

正面にナイフで一刀。 他の面よりもキレイな面が残るよう、面取りしておきました。

高台はこのようになりました。

これも課題ですが もっと多くの高台を見なければならないようです。

高台 = 難しい

という図式しか持っておらず それが何に起因しているのかすら、解っていませんから。

と、今日はこれらを含め 15点 ほど ?? だったと思いますが。 金沢へ発送しました。

残念ながら窯詰めには参加出来ません。 半田くん ・ 柳井くん ・ 圭太くんにお任せします。

明日は所用で神戸へ行きます。 ついでと言ってはなんですが 観たい展覧会がやっているようなので 土を触りたい気持ちでいっぱいではありますが 明日は制作はオフ。という事で のんびり回ってみようかと思います

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0