• SAC Bros. Company

近況


帰宅してからの楽しみと言えば、おかーちゃんの置いておいてくれている 晩御飯なわけですが。

メモを見ると 生野菜と芋サラダと豚です。 と、書いてありました。

む。 サラダが 2種 だと… ? 何でやし。

見ると、茹でたサツマイモとリンゴを切ったものをマヨネーズで和えたものでした。

何がどうなって 2人 は出会ってしまったし。 と、思いましたが 食してみると…なかなかどうして。 美味かったです。

どうもこんばんは。motomanです。

思えば久々の更新です。 色々と書きたい事はあったんですけれど、いかんせん頭が回らなかったので。

今日は朝イチで喜楽歩の仕事でした。 オチルさんと 2人 で幼稚園へ出張し、親子向けの陶芸体験をしましょう。というやつです。 しかし 待てど暮らせどオチルさんが来ません。

結果、独りで幼稚園へ向かいました。 大阪府下で最も幼稚園の似合わない男を自負出来ますが、仕事なので仕方ありません。 私が園長なら、金銭か何かを渡し…裏口から帰ってもらう事でしょう。

そんなお互いハッピーな出来事は起こらず、真面目に仕事してきました。 入り口で出会った園児に 「 何じゃこいちゅー 」 と挑発されましたが、私は大人なので何も起こりませんでした。 その後、会場に道具類を運ぶ際 幼稚園で飼っているポニーの前を何度も通ったんですが 私が通る度にブヒャヒャヒャーといななく様に MK5 でした。 あいつは殴って良かったのかもしれません。

幼稚園というところは異空間ですね。

極めて怪しいナリをしている ( 意図せず…なってしまっているのですが ) 私に対しても 訝しげな表情ひとつせず、笑顔で挨拶してくれます。 園児は明らかに汚物を見る目で私を見ているというのに。 彼女達は天使なのかもしれません。

笑顔で挨拶してくれる女性は私にとって、ウォーリーみたいなもんで なかなか出会えませんが、幼稚園はウォーリーしか居ません。

宝くじが当たったら幼稚園を設立しよう。と心に誓いました。

夕方から SAV へ行き、そんな想いを込めて制作しました。

ダイアモンドの原石を削り出すように ! 無垢の土を削り…いえ えぐります。

手回しろくろの上でクルクルと回し、景色を眺めます。

頭の中で青いシグナルが点灯すれば OK です。

次は中をえぐります。 ギリギリを狙ってアレします。

たまに黄色いシグナルが点灯しますが、そこは経験と勘で乗り切ります。 なるべく薄く仕上げたい。と考えてしまうのは…性癖みたいなモンでしょうか。

荒削り完了です。 あとは乾燥を待ち、仕上げの削りをしましょう。
しかし…無垢から削り出すと えぐった量がすごいッス。
続きまして。 2つ目 をえぐり出しました。

私の使っている土は 15kg の塊で、土練機から出てきた円柱状のものではなく 直方体の形をしているので、それを半分に割り えぐって成形できるんじゃあないか。と発想したのがきっかけで…それが全てです。 特に何もありません。

久々に手回しろくろを使ってみたら ( たぶん SAV で使うのは… 1年 ぶりくらいじゃないでしょうか… ) 何となく手びねりをやりたくなったので。 クソ下手ですが、ひねってみました。

下手やなあ。

コツコツと積み、アレを作ってみようと思っています。 そのうち あまりの技量の無さに絶望し、潰してしまう可能性大です。

その後、水挽きしました。 自分でこんな事言ってたらバカなんですけれどね。 最近、キレがあるんですよ。
他にも色々と。 どれがどのパーツで、何がどうなっちゃうのかは 知りません。
挽き方自体にはキレを感じますが、結果として生まれる形は 以前と大差ない気もします。 が ただ、精神的なものなのかもしれませんが やさしい形がちょっとは上手になったかな。なんて思っています。

削れば武張るんですけれど。

新たな水差も成形してみました。 色々と模索中です。 今回のテーマはフタの形です。
その後、先日 挽いておいた躯体を削りました。

買ったのはよいものの、角の立った超鋼鉋を未だ使ってないなあ。と思い 新品を使ってみたんですけれど。 予想通り、結構ハネますね。 小さめのものを購入したんですが、角の立った鉋の ハネ易いという特性は変わりありませんでした。

結局は、角を立たせる削りをする時にだけ使う感じなんでしょうねえ。 色んなものを色んな鉋で削ってきた、私の経験から言うと こういったタイプの鉋は…そのように使いましょう。と結論付けます。

とまあそんな感じの近況でした。

明日は臨時の仕事で、また朝イチから喜楽歩です。 夕方からは…喜楽歩の都合によって変わってきます。

週末には搬入がいくつかあるので、それとか何やかんやとやってきます

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0