• SAC Bros. Company

近況


今月は本当に イレギュラーなリズムが続きます。

明日の事を考えて布団に入ると なんだか高揚してしまってなかなか眠れないのは 鼻がムズムズするせいだけではありません。

70% の焦りと 30% の期待感が入り乱れているせいでしょう。

…来週はマジに死ぬ気にならざるを得ません。

どうもこんばんは。motomanです。

日付が変わったので おとついになりますね。 喜楽窯での穴窯焼成が始まっています。

日付が変わったので… 明日の早朝に終了予定です。

📷 火前に、備前の土で成形した小壷を入れて頂きました。

この 2日 の間に何度か覗いてチェックしましたが、未だ形は崩れずに立ってました。 造りも薄く、肩から口にかけては 確か 3 ~ 4 mm ほどだったと思います。

見える範囲で言えば、表面もテカテカと。 丸みを帯びた状態で光っており、ブクが出ている様子もありません。

土が弱いとブクが出たりし易いと聞きますが 未だこの土でブクが出た事はありません。 仁さんのところの土は強いのかなあ。なんて思っています。

電気窯での炭化焼成で備前の土を使った事のある方曰く ブクが出て全滅だった。と仰ってましたが うーん やはり土の成分の問題なんでしょうかねえ ??

熾もガシガシ当たっていたので、かなり楽しみな一品です。 残す 27時間 、そのままの姿であって欲しいものですね。

📷 当番が終わった 0時 から、作業場へ向かいました。 貧乏暇ナシってやつです。

最近 ありがたい注文を頂き、土モノを主に制作しています。

普段はキメの細かい土ばかりを扱っているせいか、粘りの強い土が楽しくて楽しくて。 いつもはろくろ目をなるだけ消しながら成形し、外側は削りで整えていますが その真逆を練習中。というところでしょうか。 土が動くがままに任せる部分が面白いわけですけれど どう扱えばどう土が動くのかは…周知の通りであり ひいては こうしたからこう、土が動いた。と これ以上なく解り易い話であるわけで。

突き詰めれば 土に任せているようで、結果として成った形の全てに理由があり 実は意図的なものである。と言えそうですが 今は思うがまま手を動かし 土に任せているような気持ちで成形しています。

📷 " 勢い " を感じさせるろくろ目を残すのは本当に難儀なモンです。

シュッとろくろを挽き ドバッと釉薬を掛ける浜田 庄司が 瞬く間の作業時間しか掛からないのに、品の値が高いのは何故 ? と問われ ろくろを挽く 1 ~ 2分 は言わば集大成で その背後には今までの全ての時間があるからだ。と応えたのは有名な話です。 ( 言い回しは全然違うでしょうけれど )

終着点が無いのがものづくりの世界で そうであるから辞められないんですよね。

📷 ひょんな事から面白そうな土を見つけたもんで 小物を色々と作って削ってみた結果 お。 この土も私好みのキメの細かい土であったか。というアレで 実験的な意味をフルに込めた、フタものを作ってみる事にしました。 結構デカめです。

しかしそこは流石の天見です。 この陽気だと言うに、全然乾きません。 削りをする為に多少 厚めに肉を残したとは言え… 恐ろしや天見の湿気カ。

📷 フタは良い感じの乾燥具合だったので、先に削っておく事にしました。

焼成見本を見てビビッと来た土で コレ下さい。と言うと マニアックな土を選びますね ( 笑 ) と言われた… 曰く付きの ( ? ) 土ですが 頭に浮かんだような色味が出れば…かなり格好良いと思います。

この 削った後の表面のテラテラ感。 これが良い感じの黒味が出る…予定です。

いや、楽しみです。

📷 にえっつさんが土産でくれた MONSTER で buff し 次々と削ります。

緑色のはコンビニで見かけますが、コレは日本に出まわっているんでしょうかね。 ハチミツ風味でガス無しでした。

📷 帰宅して苔のように眠り 再び窯焚きです。

1100℃ を超えるあたりまで雑木で引っ張り いよいよ赤松タイムです。

明晩が最後の当番で 夜中から朝にかけ、焼成終了まで見届けます。

小壷よ。 ヘタれずブクれず 明朝 6時 まで頑張れェ

0回の閲覧

ヒュッゲな生活を提供すべく三重県伊賀市に工房を、東京に営業所を構え活動しているユニットです。


詳細はAbout us,Blog,SNSをチェック!

FAQ

​各種オーダーメイドや良くあるご質問をまとめました。

メールアドレスの登録はこちらから

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
0