• SAC Bros. Company

近況


最近の自分 こんな感じっした。

どうもこんばんは。motomanです。

前回は確か アマハラへ行った頃だったと思うので、それ以降 こうしてキーボードをカタカタと叩いている、今までのお話です。

" 錫と土 " の準備と SAKANAYAさん での展示販売の準備と 薪窯の窯焚き準備など 色々と詰まっていたので 最初はろくろを回してました。

茶盌を削ったり

伊賀の町中で歩いていると

鬼のボスに出くわしたり

赤子にトラウマを植え付ける手下に出くわしました。

この手ブレ感が臨場感を増して良いと思います。 現場は子供の泣き声で、まさに阿鼻叫喚。

貴重な好天を活かし 小振りの壺を天日干しでガンガン乾かそうとしたら ガンガン片乾きしたり

茶盌を削ったり

ろくろを回しまくったり

どういったわけか 気付けば窯を焚いていたり

新しい土に挑戦。 ぐい呑みを削ったら 穴あけまくって失敗したり

所用で寄った、いつものコメリで どういったわけだか激安 ! 安全靴を見つけたので新調してみたり

今まで見た事のない ダイナソーみたいな蛙にツバつけられたり

早朝に山ん中走ってたらタイヤがバーストしたり

火止めしたり

窯出し後、次の窯焚きの為に掃除したり

電気窯の手のものを窯出し 手入れしたり

商品リスト作って搬入準備をして

展示。 無事に " 錫と土 " が始まりました。

SAKANAYAさん にも搬入。

このように 井桁になるように薪を投げ込めるようになると 焚きの可能性が高まるので、小さいようで非常に重要である。 と改めて感じたり…

気付けばまた 窯焚きをしていたり

引き出しをしていたり

燠の状態と減り具合を見て 一の間・二の間を焚いていたり。 と そんな感じの昨今っした。

この 3週間ほど は割と 伊賀でゆっくりと ( ? ) 制作する時間がとれました。 新たに発見する事が幾つも得られましたし 新しく触った土も幾つかあったので なかなか楽しかったです。

引っ張りだしてきた石油ストーブと 私の持つ、最大限の暖かさを誇る布団のおかげで それなりに過ごせました。

家の事をやれる時間は皆無で 冬将軍に首根っこを掴まれている状態ですが この 一週間 展示とあれやこれやを終えれば また再開できます。

取り敢えず今日という日は 久々にゆっくりと眠れたので満足です。 と言いながら 在廊に向け、体調を万全にすべく また眠ろうと思います。

Zzz...

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

写心

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

 Inquiry for Business

 We are accepting orders for sold-out products.

 Please see here for details.

 

 完売商品のオーダーをお受けしています。

 詳細はコチラから

Please subscribe our E-mail member

  • YouTubeの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
0