• SAC Bros. Company

阿吽


Facebook 上で、剣道をしていた陶芸家が私を入れて ( 少なくとも ) 4名 居る事が発覚し うむ… 立ち合いたくなってきました。

問題は 稽古していた時の事を思い出してみるも、防具はおろか 道着の着方もはっきりと思い出せない事です ^^;

面と胴の着け方ってどうやったっけ…

どうもこんばんは。motomanです。

相変わらず 私の左手は笑い続けておりますが。

一応なんとか ( !? ) 地味に制作してます。

昨日 喜楽歩の仕事終わりに、数点だけ釉薬を掛けてきました。

一度試した事のある組み合わせで、良い感じに仕上がりました。 が 私の事ですから、その組み合わせを忘れてしまいました。 が 過去の私は意外に有能であったようで、ひょんなところにその組み合わせのメモを残していました。 が 私の事ですから、その組み合わせのメモ自体がアヤシイので。

再度テストをする事になりました。 という話です。

バキッと決まれば。 精度を上げ、秋あたりにこのシリーズを作ろう。と思っています。

今日は天見で制作。 先日 水挽きをしておいた躯体とパーツを削りました。

まあ…このように。 私の中で、最も定番な彫り方です。

鉢のような形に挽いておいたものは、このように削りました。 失敗して穴が開いちゃったわけではありませんよ。

で これを。

つないで。 成形完了です。

コレ何 ? って。 何でしょう。

もいっちょ削って。

つないで。

ええ。まあ。 花器のつもりなんです。

花器と言えば…いや 月曜日あたりにブログに書きそうなので、まあいいや。

躯体の形も違うし、削りと彫りも思うがままにやったので 別々に別々の場所に置けば、別々の物だとも言えそうですが だいたいの形は似せてあるし、口径は同じであると 同じタイプの物に見えますね。

同じタイプの物なんですけれどね。

何が言いたいって…まあいいや。 阿吽

0回の閲覧

SAC Bros. by Motoman & Enken

Japanese Traditional Craftsman Team

完売商品のオーダーをお受けしています。

詳細はコチラから    

 

We are accepting orders for sold-out products. Please see here for details.

FAQ

Please subscribe our E-mail member

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル
  • YouTubeの - ブラックサークル
0